トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
【終了】【オールナイト上映】3/8(土)《宇治茶セレクションNIGHT》作品情報追加!!

2014.3.8(土)
開場/23:15 開始/23:30(翌朝終了予定)

オールナイト上映 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

第17回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門にて優秀賞受賞!

『燃える仏像人間』が第17回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門にて優秀賞を受賞した事を記念し、宇治茶監督セレクションでのオールナイト上映を開催致します!

◆上映作品◆

◆『燃える仏像人間』
 HP 0:30~
2012年/日本/80分/インターフィルム
監督:宇治茶 出演:井口裕香/北岡龍貴 声の出演:井口裕香/寺田農/原知佐子/北岡龍貴
当館にて昨年の7月に上映した、京都在住の鬼才・宇治茶の長編デビュー作。謎の仏像盗難事件が相次ぐ京都を舞台に、両親を惨殺され復讐に燃える女子高生が、謎の窃盗集団に隠された衝撃の真相に辿り着くさまを、描き込んだ切り絵のキャラクターを使った人形劇的スタイルのユニークな演出で綴る。
公開当時、新しいプロジェクター導入前であったため、画面は暗く益々オドロオドロしい画がスクリーンには投影されていた。だが今回は、新プロジェクターでの上映により、以前よりもくっきりはっきり、宇治茶の手描きの仏像人間たちを美しくご覧頂けます。
 

『HITOSI MATUMOTO VISUALBUMVol. バナナ「親切」 2:10~
1998年 /日本/85分/よしもとクリエイティブ・エージェンシー
企画・構成・出演:松本人志
出演:浜田雅功/今田耕司/東野幸治/板尾創路/蔵野孝洋/木村祐一/遠藤章造/田中直樹
 
ごっつええ感じ終了以降、コント制作から遠ざかっていた松本が、ミュージシャンがアルバムをリリースするように定期的に作品をリリースしたいという思いから、テレビ番組でのコントのような一過性のお笑いではなく、後世に残るお笑いを目指して制作されたシリーズの2作目。 松本はセットなど細部にまでこだわり、総制作費は約1億円と言われている。出演者には相方の浜田をはじめとする往年のごっつメンバーに加え、ココリコも起用された。 遠近法を利用してキャラクターの大小を表現する方法など後に放送されたものごっつええ感じに通ずる実験的な手法が用いられている。 テレビでのコントと違い、スタッフの笑い声はVOL.ぶどうの「園子」以外入っていない。 宇治茶監督に多大なる影響を与えた松本人志のコント集。映画館でコントを上映するという前代未聞な夜!

◆ 『ジュラシック・パーク』吹替版 3:55~ 
1993年/アメリカ/127分/NBCユニバーサル・エンターテイメント
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:リチャード・アッテンボロー/サム・ニール/ローラ・ダーン
声の出演:富山敬/弥永和子/大塚芳忠
きみは映画館で『ジュラシック・パーク』を観たか―。
宇治茶監督のセレクト作品2本目は、泣く子も黙る『ジュラシック・パーク』!!
デジタルで蘇る、恐竜たちを、是非大スクリーンでご堪能下さい!! 

『ジュラシック・パーク』
■税抜価格
(1,886円+税)
Blu-rayにて絶賛発売中!
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

宇治茶監督×安斎レオ氏ゲスト・トーク! 23:30~

宇治茶
1986年、京都府生まれ。2009年京都嵯峨芸術大学卒業。2013年映画『燃える仏像人間』を監督し、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭「フォアキャスト部門」に出品。また、チョンジュ国際映画祭、ドイツ・フランクフルト、ニッポンコネクション映画祭に正式招待される。

安斎 レオ
映画「燃える仏像人間」プロデューサー。京都嵯峨芸術大学客員教授(コミックアート分野)/よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

料金:当日一般/2,400円、学生・会員/2,200円
整理番号付前売券/2,200円 絶賛販売中☆ 

チケットぴあ (Pコード552-742)…整理番号付前売券2,200円 3/4(火)より販売開始

 

 


ページの先頭へ