トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
【終了】【特別上映 スペシャルトークあり!】1/23(土)、24(日) 二日間限定上映!『孤高の遠吠』

2016年1月23日(土)、24日(日) 二日間限定上映!
カナザワ映画祭2015にてプレミア上映され観客を熱狂の渦に巻き込んだ
『孤高の遠吠』が、ついに京都みなみ会館にて公開!
監督自身の出身地である静岡県富士宮市で起きた事件をベースに、
富士宮の本物の不良たちが出演し録られた大問題作!!

連日上映後、スペシャルトークあり!
※登壇者は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承お願い致します。
※整理番号付きチケットを開館時間(23日8:30~/24日9:15~)より販売致します。場内は自由席です。  

1/23(土)上映後、小林勇貴監督 × 柳下毅一郎 スペシャルトーク!
小林勇貴
東京在住 静岡県富士宮市出身 24歳。2013年から映画撮影を始める。同年、友人が不良に拉致・リンチされた事件を元に『Super Tandem』を撮影。そこから『実話ベース物語に本物の不良を出演させる映画』を撮り始める。2014年に某映画学校に入学するも初日にゲリラ撮影禁止令を受け発狂し不登校に。2015年、総勢46名(内20名逮捕)の不良と共に新作『孤高の遠吠』を完成させた。

柳下毅一郎
1963年大阪府生まれ。東京大学工学部卒。雑誌編集者を経て英米文学翻訳家。主な訳書に、アラン・ムーア、エディ・キャンベル『フロム・ヘル』(みすず書房)、ジーン・ウルフ『ケルベロス第五の首』(国書刊行会)、J・G・バラード『クラッシュ』(東京創元社)など。映画評論家としては〈映画秘宝〉などで執筆。著書に『新世紀読書大全 書評1990-2010』(洋泉社)、『皆殺し映画通信』(カンゼン)など。有料ブログ「柳下毅一郎の皆殺し映画通信」http://www.targma.jp/yanashita/で、誰も観ない日本映画をレビュウする活動をしている。

1/24(日)上映後、ロビ前田 × UE神 × 尾崎テロル トーク!
           from V-ZONE〜廃盤、絶版ビデオ祭り〜
V-ZONE〜廃盤、絶版ビデオ祭り〜
V-ZONE〜廃盤、絶版ビデオ祭り〜/UE神(ハイスピードプロパガンダ、The SWAG)、尾崎テロル(テロファクトリー、ざxこxば)、ロビ前田(赤犬・ロビン、マントルゴッド、男の墓場プロ etc.)らによって、ロフトプラスワンウェストにて定期的に開催されるトークイベント。カルト、アクション、SF、ホラー、カンフー、コメディ、啓蒙、How to ビデオetc…と、毎回様々な映画作品を紹介している。

各日、先着40名様にオリジナル缶バッジをプレゼント!
また、抽選で各日3名様にポスターのプレゼントもございます! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

孤高の遠吠
2015年/日本/120分
監督・脚本:小林勇貴
出演:渡辺優津紀/神尾和希/日比野翔矢/増田亮太/赤池由稀也/小林元樹/梅本佳暉/中西秀斗/牧野慶樹/中込篤/石川ボン

富士宮で起きた事件の数々をベースにした大問題作。ユヅキ、カミオ、リョータ、ショーヤの4人はナカニシ先輩とマキヨシ先輩から原チャリを買ったことにより、不良の世界に入ってしまう。言葉の通じない超暴力主義先輩軍団。原チャリを襲うことしか頭にない原チャリハンター。暴走族。合計前科100犯超の窃盗団。拉致、リンチ、監禁、拷問、抗争、復讐、反逆。喧嘩の名産地富士宮に逃げ場など皆無。次々と襲い来る敵、狂気、凶器、どうなる最弱後輩軍団!たった1人になったとしても………勝つまで吠えろ!

連日19:30-上映
【料金】 一般/1,500円、大学生/1,300円、シニア/1,100円、会員・小・中・高/1,000円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NIGHT SAFARI
2014年/日本/60分
監督・脚本:小林勇貴
出演:赤池由稀也、望月樹、助川寛、高木健史郎

静岡県富士宮市。
『強姦事件があった』という噂が若者たちの間で広まる。
センパイに命令されたユキヤは、仲間を集めて犯人を捕まえようとするが…。

1/24(日)1日限定上映 
18:15-上映
【料金】均一/1,000円、『孤高の遠吠』ご鑑賞で/500円に割引

 

 


ページの先頭へ