トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
【終了】【1/25(月)舞台挨拶あり】1/18(月)公開『一献の系譜』

 

一献の系譜

1/18(月)~29(金)

国の名前が付くお酒「日本酒」。その造り手「杜氏」。
能登という風土が醸し出す、酒造りの世界を追ったオムニバスドキュメンタリー。
石井かほり監督が二年半かけて挑んだ映画『一献の系譜』

舞台挨拶あり!
1/25(月)12:40-上映後、石井かほり監督


  

石井かほり監督

短編映画『おばあちゃま ごめんね』が大阪阿倍野ヒューマンドキュメンタリー映画祭にて入賞。日本最古の型染めの技法・木版染め職人を記録した映画『めぐる』(5ヵ国8都市上映)でメジャーデビュー。後、羽田澄子監督に師事。2011年に石川県能登半島に古くから伝わる塩づくりに励む人びとの姿を追ったドキュメンタリー映画『ひとにぎりの塩』(セブ国際ドキュメンタリー映画祭2013・最優秀撮影賞受賞を全国公開。監督自らが企画した映画ロケ地と地元の方との触れ合いをめぐる「塩田体験ツアー」により観光へと結びつける。

 2015年/日本/103分/グリクリエイツ株式会社

 監督:石井かほり

 ナレーション:篠原ともえ

 出演:三盃幸一/ 農口尚彦/波瀬正吉/ 中三郎

 出演:川上麻衣子 津川雅彦 風祭ゆき

© 2015映画一献の系譜製作上映委員会 

石川県能登半島で古来より日本酒を造り続けてきた技能集団「能登杜氏」にスポットを当てたドキュメンタリー。現在の吟醸酒の礎を築いた「能登杜氏四天王」と呼ばれる4人の有名杜氏をはじめ、彼ら全員を師とあおぐ現役トップの坂口幸夫杜氏と家修杜氏、その下に続く若手杜氏たちを取材。家族と離れ、蔵全体の運命を左右するほどの重大な責任を背負わされながらも、理想の一献を目指して目に見えない菌と闘い続ける杜氏たちの姿を映し出していく。監督は「ひとにぎりの塩」で同じく能登半島で塩づくりに励む人々をとらえた石井かほり。篠原ともえがナレーションを務めた。

 

鑑賞料金:一般1,800円/学生1,500円/シニア1,100円/会員1,200円


ページの先頭へ