400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/orgds8.txt (port 80)
トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
【大根仁監督来館!8/5(金)オールナイト上映】立命館大学映像学部 学生プロデュース企画 Vol.11 ハローハロー、おおねです。 大根仁監督特集

 

2016/08/05 fri.
open/22:45 start/23:00

立命館大学映像学部 学生プロデュース企画 Vol.11

ハローハロー、おおねです。

大根仁監督特集

映画、テレビドラマミュージックデオなど様々分野で八面六臂の活躍を続ける大根仁監督。すでに話題沸騰中の劇場版映画5作品目『SCOOP』(10月1日公開)の公開に先立ち、大根監督作品の特集上映をオールナイトイベントとして敢行!さらに、ゲストとして大根仁監督ご本人をお招きし、創作の秘密を探ります!多くの方々に、大スクリーンで大根監督作品の魅力に触れていただく機会になることを願っています。

上映作品

バクマン。| DENKI GROOVE THE MOVIE ? -石野卓球とピエール瀧-|モテキ

 

 

整理番号付き前売券/2,400円
当館窓口、Peatix、チケットぴあ(Pコード555-815)にて販売中!
当日料金/一般2,700円、大学生・会員2,400円


 

23:05
友情、努力、勝利、そして恋。目指せ、ジャンプの頂点。


バクマン。 
2015年/日本/119分/東宝 原作:大場つぐみ/小畑健
出演:佐藤健/神木隆之介/小松菜奈/染谷将太/桐谷健太/新井浩文/宮藤官九郎/山田孝之/リリー・フランキー

高校生の真城最高は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの日々を送っていた。最高の叔父は、かつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうであった。だが結局は連載打ち切りとなり、その後叔父は過労により亡くなった。そのことが最高の心に暗い影を落としていた。
ある日、些細な出来事をきっかけに、秀才のクラスメイト・高木秋人に、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。はじめは一緒に漫画を描くことを拒絶していたが、声優を目指している片想いのクラスメイト亜豆美保と、「漫画家として、声優として、お互いの夢が実現したら結婚する」と約束したことから、漫画家への道を志すことになる。
最高と秋人はコンビを組み、夢の週刊少年ジャンプの連載を目指して日々漫画づくりに明け暮れる。ジャンプ編集者の服部に見出され、ようやく光明が見えてきたとき突然ライバル――新妻エイジが現れる。弱冠17歳で手塚賞入選を果たした天才・エイジは瞬く間にジャンプ連載を決めて遥か先を走り始める。そして次々と現れる新進気鋭のライバルたち。 はたしてふたりはジャンプ連載を勝ち取ることができるのか!?

(C)2015映画「バクマン。」製作委員会
公式サイト→http://www.bakuman-movie.com/

 

1:05
大根仁監督スペシャルトーク


大根仁(おおね ひとし)

「週刊真木よう子」(08)「湯けむりスナイパー」シリーズ(09・10・12)など深夜ドラマでその才能を発揮し、業界内外から高い評価を受ける。マキシマムザホルモン「予襲復讐」などのMVやロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」などを手掛ける傍ら、ラジオパーソナリティ、コラム執筆、イベント主催と幅広く活動。2010年に手掛けたドラマ「モテキ」が大ブレイクし、同作の映画化作品『モテキ』(11/脚本・監督)で監督デビュー。『バクマン。』(15/脚本・監督)では第39回日本アカデミー賞優秀監督賞他、多数の映画賞を受賞。『SCOOP!』(16.10.3/脚本・監督)、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(17/脚本・監督)の公開を控えている。

 

2:20
電気グルーヴとは、果たして何者なのか?


DENKI GROOVE THE MOVIE ? -石野卓球とピエール瀧-
2015年/日本/119分/東宝 原作:大場つぐみ/小畑健
出演:2015年/日本/115分/ライブ・ビューイング・ジャパン 出演:電気グルーヴ(石野卓球/ピエール瀧)/天久聖一/スチャダラパー(ANI/Bose/SHINCO)/ 砂原良徳/CMJK/山崎洋一郎

テクノを初めてメジャー・フィールドに持ち込み、日本のポップ・ミュージックの歴史を大きく変えた電気グルーヴは、なぜ結成26年を迎える今もなお、唯一無比・唯我独尊・イノベイティヴな存在であり続けられるのか──。 26年間の膨大な映像からピックアップした貴重なシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気グルーヴと関わってきた17人の証言により、電気グルーヴの26年間を総括するヒストリームービー。 1989年8月20日に大阪・十三ファンダンゴで行われたデビュー・ライヴなど初めて世に出る映像や、海外のミュージシャンを圧倒するほどに超満員のオーディエンスを熱狂させた2014年7月25日の『FUJI ROCK FESTIVAL’14』グリーンステージでのパフォーマンスまで、ライブ映像もふんだんに収録。数多くの秘蔵映像や楽曲とともに、電気グルーヴの歴史が語られる。
結成、インディー時代、デビュー、『VITAMIN』での覚醒、『ORANGE』期の危機、“Shangli-la”『A』での大ブレイク、まりん脱退、活動休止、そして卓球と瀧、ふたりでの本格始動まで──。
電気グルーヴは、なぜ『FUJI ROCK FESTIVAL』のグリーンステージに立ち続けることが出来るのか? 電気グルーヴは、なぜ26年ものあいだ常に新しく、誰にも真似できない存在でい続けることが出来るのか? 電気グルーヴ。石野卓球とピエール瀧。 二人の26年間の物語が、いま明かされる。
(C)2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT
公式サイト⇒http://www.denkigroove.com/themovie/

 

4:35
恋が、攻めてきたッ!


モテキ 
2011年/日本/118分/東宝 原作:久保ミツロウ 出演:森山未來/長澤まさみ/麻生久美子/仲里依紗/真木よう子/リリー・フランキー

藤本幸世(31歳)。金なし夢なし彼女なし。 派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を踏み出そうとしているが、プライベート(=恋愛)の方はまるで充実しないまま。新しい出会いも無く、恋する事も忘れ、ロンリーな日々を送っていたが… ある日突然、異性にモテまくる奇跡のシーズン「モテキ」が訪れた! 趣味が合い見た目もど真ん中タイプなのだが彼氏持ちの雑誌編集者・みゆき。 みゆきの親友で清楚な美形OL・るみ子。 ガールズ・バーのハデかわ嬢・愛。 クールビューティな先輩社員・素子。 まったくタイプの異なる4人の美女の間で揺れ動く幸世。めくるめくモテキと4人の美女に翻弄されながら、幸世は本当の恋愛(含むセックス)にたどりつけるのか?? 
(C)2011 映画「モテキ」製作委員会
公式サイト⇒http://moteki-movie.jp/index2.html


404 Not Found
404 Not Found
Please forward this error screen to kyoto-minamikaikan.vaultpos.com's WebMaster.

The server can not find the requested page:

  • kyoto-minamikaikan.vaultpos.com/links.txt (port 80)
ページの先頭へ