トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
【終了】12/26(水)-28(金)【 Rock the Movie -THE SOUL OF JOE STRUMMER- 】

12/26(水)-28(金)

 Rock the Movie -THE SOUL OF JOE STRUMMER- 

【お詫びと訂正】
HPトップページに掲載しておりました、タイムテーブルに2点、間違いがございました。お詫びして、訂正申し上げます。
・12/26(水)「ストレート・トゥ・ヘル」21:30と記載がありますが正しくは21:00-です。
・12/27(木)「レッツ・ロック・アゲイン!」21:30-と記載がありますが正しくは21:00-です。

ジョー・ストラマーの10周忌にして生誕60周年、
さらにはTHE CLASHデビューから35周年となる2012年。本格俳優デビューとなった『ストレート・トゥ・ヘル』、最期を捉えた魂のドキュメンタリー『レッツ・ロック・アゲイン!』の2作品をジョーの命日に合わせ限定上映!
12/26(水)は渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)、
12/27(木)は武藤昭平(勝手にしやがれ)
をゲストに迎えてのトーク&ライブも開催!
生粋のロッカーがスクリーンに甦る貴重な機会、お見逃しなく!

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【タイムテーブル】

◇12/26(水)開場20:40- 開始21:00 『ストレート・トゥ・ヘル』上映後ライブ:渡辺俊美さん(TOKYO NO.1 SOUL SET)
◆27(木)開場20:40- 開始21:00 『レッツ・ロック・アゲイン!』上映後ライブ:武藤昭平さん(勝手にしやがれ)
◇28(金)20:10 『ストレート・トゥ・ヘル』
        21:50『レッツ・ロック・アゲイン!』

【料金】
■ 12/26(水)、27(木):前売り1,800円、当日2,300円
 ※特別興行のためレディースデイ割引は適用外になります。予めご了承ください。
28(金):一般¥1,300、学生・会員・小・中・高・シニア¥1,000
 ※1作品ごとに上記の料金が掛かります。

【入場整理番号付き前売券販売情報

京都みなみ会館
京都シネマ
BOOK Fabulous
ガケ書房

チケットぴあ…絶賛発売中!!
◇12/26(水)『ストレート・トゥ・ヘル』渡辺俊美さん(TOKYO NO.1 SOUL SET) Pコード550-589
◆27(木)『レッツ・ロック・アゲイン!』武藤昭平さん(勝手にしやがれ)Pコード550-590

 

  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  【上映作品】
  『ストレート・トゥ・ヘル』
銀行強盗で大金を手に入れた3人の殺し屋と1人の女が辿り着いたのは、血の気の多いマクマホン一家が牛耳る地獄の街だった…。マカロニ・ウェスタンを愛するコックスがスペインで撮影したことからパエリヤ・ウェスタンと名づけた、痛快でクレイジーなパンク・ムービー!
1987年/イギリス/82分/アダンソニア
監督・脚本:アレックス・コックス 脚本:ディック・ルード
音楽:ザ・ポーグス
出演:サイ・リチャードソン/ジョー・ストラマー/ディック・ルード/コートニー・ラヴ
   デニス・ホッパー/ジム・ジャームッシュ/エルヴィス・コステロ

————————————————————————————

  『レッツ・ロック・アゲイン!』
「魂のため」のつらい経験を経た後の、ジョー・ストラマーの新たな闘いの姿。人生を「五分五分に持ち込む」ための…。ジョー・ストラマー&メスカレロスの2001年USツアー、2002年日本ツアーの記録。偉大なるアーティストの最期の姿をとらえた、魂のロック・ドキュメント!
2004年/アメリカ/67分/アダンソニア/DV
監督:ディック・ルード 映像素材提供:ジュリアン・テンプル
出演:ジョー・ストラマー&メスカレロス

————————————————————————————

【プロフィール】
ジョー・ストラマー(1952~2002)
1952年8月21日、トルコの首都アンカラ生まれ。10代の頃にレゲエや初期のロックンロールに傾倒し、74年にR&Bバンド「101-ers」を結成。76年、ミック・ジョーンズ、ポール・シムノンらに誘われ、「クラッシュ」結成に参加。77年の『白い暴動』を皮切りに次々とアルバムを発表し、ロンドン・パンクの一時代を築くが、次第にメンバー間に不協和音が生まれはじめ、バンドは崩壊。86年、正式に解散。その後は、ソロとして映画に楽曲を提供したり、役者としてもアレックス・コックス、ジム・ジャームッシュ、アキ・カウリスマキなどの作品に出演し、映画ファンにも馴染みが深い。89年、初のソロ名義アルバム『アースクウェイク・ウェザー』を発表。99年、満を持して新しいバンド「メスカレロス」を結成。本格的な音楽活動を開始し、久々に自らのバンドを率いての来日を果たす。翌年にはセカンドアルバムを発表し、メスカレロスとして2度目の来日公演を行った。03年3月には「クラッシュ」として『ロックの殿堂』入りが決まっていたが、心臓発作による突然の死がジョーに訪れた。
2002年12月22日、享年50歳。

ページの先頭へ