トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
【終了】2/23(土) – 3/8(金)《チャップリン・ザ・ルーツ 傑作短編集 字幕サイレント オリジナル版》ゲスト・トーク決定!

2/23(土)-3/8(金) 
チャップリン・ザ・ルーツ 傑作短編集
オリジナル字幕サイレント版

世界中を笑いと涙の渦に巻き込んだ映画史上最大の天才、チャーリー・チャップリン。1914年のデビューから、4年間に撮られた初期短編映画全63作品を、一挙上映致します。異端視され、解雇寸前まで追い込まれるも人気者になった1年目。喜劇にほろ苦いペーソスを加え始めた2年目。そして、3年目には、世界最高のサラリーをもらう大スターになったチャップリン。単なるドタバタ喜劇ではなく、笑いの中に人間を描き、愛を求めた心優しい放浪紳士チャーリーのルーツがこの4年間にあります。63作品の中の1作、『泥棒を捕まえる人』は、2010年に96年ぶりに発見されたチャップリン幻の出演作です。全世界の映画博物館が協力して、散逸していたフィルムを集め、欠損していた場所を探し、復元して、初期短編の完全デジタル修復版が完成しました。公開当時の美しさで蘇った若き日のチャップリンを、どうぞスクリーンでお楽しみ下さい。

タイムテーブルはこちら

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2/23(土)14:10- 《チャップリンAプロ》
  24(日)14:25- 《チャップリンMプロ》
  27(水)14:25- 《チャップリンKプロ》
上記日程の上映後大野裕之さん(日本チャップリン協会会長)によるゲスト・トークが決定!

 

大野裕之さんプロフィール
日本チャップリン協会会長。主著に『チャップリンの影 日本人秘書・高野虎市』(講談社)、『チャップリン 未公開NGフィルムの全貌』(NHK出版)他。英国チャップリン学会会員、米国チャップリン・レビュー・ アジア太平洋地区代表。劇団とっても便利所属。脚本家・演出家・作曲家・俳優としても活躍中。

大野裕之ブログ http://ameblo.jp/onohiroyuki/
ツイッター http://twitter.com/ono_hiroyuki
日本チャップリン協会  http://www.chaplinjapan.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【上映作品】

泥棒を捕まえる人
『泥棒を捕まえる人』A Thief Cacher

 

◆キーストン時代(A~Fプログラム)―1914年

英国出身の舞台俳優だったチャップリンは、アメリカのキーストン映画社から映画デビューを果たす。ここにちょび髭の放浪紳士チャーリーが誕生した。荒削りだが、アナーキーな身体芸にも独特の個性を発揮して、瞬く間にスターになった。

監督・脚本:マック・セネット/チャールズ・チャップリン/メイベル・ノーマンド他
出演:チャールズ・チャップリン/メイベル・ノーマンド/ロスコー・アーバックル/マック・スウェイン他

Aプログラム 9作品:97分

『成功争い』Making a Living
『子ども自動車競走』Kid Auto Races
『メーベルの窮境』Mabel’s Strange Predicament
『泥棒を捕まえる人』A Thief Cacher
『夕立』Between Showers
『チャップリンの活動狂』A Film Jhonnie
『タンゴのもつれ』Tango Tangles
『彼の好みの気晴らし』His Favourite Pastime
『恋のしごき』Cruel, Curel Lov

Bプログラム 7作品:102分

『幻鐙会』The Star Boarder
『メイベルの身潜り運転』Mabel at the Wheel
『恋の20分』Twenty Minutes of Love
『チャップリンの総理大臣』Caught in a Cabaret
『とんだ災難』Caught in the Rain
『多忙な一日』A Busy Day
『チャップリンの衝突』The Fatal Mallet

Cプログラム 5作品:95分

『ノックアウト』The Knockout
『メイベルの多忙な一日』Mabel’s Busy Day
『メイベルの結婚生活』Mabel’s Married Life
『笑いのガス』Laughing Gas
『チャップリンの道具方』The Property Man

Dプログラム 7作品:80分

『チャップリンの画工』The Face on the Bar Room Floor
『リクリエーション』Recreation
『男か女か』The Masquerader
『チャップリンの独立』His New Profession
『両夫婦』The Rounders
『新米雑役夫』The New Janitor
『髭のあと』Those Love Pangs

Eプログラム 5作品:100分

『チャップリンとパン屋』Dough and Dynamaite
『アルコール自動車競走の巻』Gentlemen of Nerve
『アルコール先生のピアノの巻』His Musical Career
『他人の外套』His Trysting Place
『アルコール先生原始時代の巻』His Prehistoric Past

Fプログラム 2作品:98分

『醜女の深情』Tillie’s Punctured Romance
『夫婦交換騒動』Getting Acquainted

◆エッサネイ時代(G~Jプログラム)―1915年

デビュー2年目にして、8倍のサラリーでエッサネイ社に引き抜かれたチャップリン。スクリーンの恋人エドナ・バーヴァインズを得て、喜劇にロマンスやペーソスを加え始める。『失恋』では、「一人とぼとぼ去って行くチャーリー」の後姿を初めて見せ、チャップリン・スタイルの芽生えを印象づけた。

監督・脚本・主演:チャールズ・チャップリン
出演:エドナ・パーヴァイアンス/レオ・ホワイト

Gプログラム 3作品:96分

『チャップリンの役者』His New Job
『アルコール夜通し転宅』A Night Out
『チャップリンの拳闘』The Champion

Hプログラム 5作品:110分

『アルコール先生公園の巻』In the Park
『チャップリンの駆落』A Jitney Elopement
『チャップリンの失恋』The Tramp
『アルコール先生海水浴の巻』By the Sea
『チャップリンの仕事』Work

Iプログラム 4作品:104分

『チャップリンの女装』A Woman
『チャップリンの掃除番』The Bank
『チャップリンの船乗り生活』Shanghaied
『チャップリンの寄席見物』A Night in the Show

Jプログラム 4作品:96分

『チャップリンの改悟』Police
『チャップリンのカルメン』Charlie Chaplin’s Burlesque on Carmen
『三つ巴事件』Tiriple Trouble
『彼の更正』His Regeneration

チャップリンの冒険
『チャップリンの冒険』The Adventurer

 

◆ミューチュアル時代(K~Lプログラム)―1916~1917年

当時未曾有の100万ドル契約でミューチュアル社に移籍。彼専用の撮影所で、完成版の数十倍ものテイクを費やして、完璧を求めるようになる。どの作品も今見ても面白く作り込まれた笑いと痛烈な風刺に満ちた傑作揃いだ。この後、1918年にチャップリンは独立し、歴史的傑作を次々と生み出していく。その直前の時期の、喜劇王の青春時代の傑作短編を堪能しよう。

監督・脚本・主演:チャールズ・チャップリン
出演:エドナ・パーヴァイアンス/エリック・キャンベル/アルバート・オースティン/ヘンリー・バーグマン

Kプログラム 4作品:91分

『チャップリンの替玉』The Floorwalker
『チャップリンの消防夫』The Fireman
『チャップリンの放浪者』The Vagabond
『午前一時』ONE A.M

Lプログラム 4作品:95分

『チャップリンの伯爵』The Count
『チャップリンの質屋』The Pawnshop
『チャップリンの舞台裏』Behind the Screen
『チャップリンのスケート』The Rink

Mプログラム 4作品:93分

『チャップリンの勇敢』Easy Street
『チャップリンの霊泉』The Cure
『チャップリンの移民』The Immigrant
『チャップリンの冒険』The Adventurer

【タイムテーブル】

【料金】 当日:¥1,000均一 3回券/¥2,700

©Roy Export SAS


ページの先頭へ