トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
◆マルホランド・ドライブ

 

 

 

マルホランド・ドライブ

MULHOLLAND DRIVE

 

 

 

 

**********************************************

 

 

 


カンヌ国際映画祭監督賞ほか
各国の映画祭で大絶賛された、妖しく危険なミステリー


事故に遭い負傷した女は助けを求めハリウッドにたどり着く。女優の家に忍び込んだ女は記憶を失っていたが、手掛かりを求め持っていたバッグを開けると、中には大金と青い鍵が…。不条理を描くリンチ作品の中でも特に評価の高い傑作。

 

デジタル復元版 (2001年/アメリカ・フランス/カラー/147分/ビスタ)
監督・脚本:デヴィッド・リンチ
撮影:ピーター・デミング
音楽:アンジェロ・バダラメンティ
出演:ナオミ・ワッツ(『インランド・エンパイア』『ザ・リング』)、ローラ・エレナ・ハリング(『インランド・エンパイア』『ジョンQ』)
    アン・ミラー(『イースター・パレード』『踊る大紐育』)
          ジャスティン・セロー(『インランド・エンパイア』『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』)
          ダン・ヘダヤ(『ブラッド・シンプル』『デイライト』)
          マーク・ペルグリノ(『カポーティ』『リーサル・ウェポン3』)

 

©2001 STUDIOCANAL. All Rights Reserved.

 

 

 

 

 


◆インランド・エンパイア

 

 

 

インランド・エンパイア

INLAND EMPIRE

 

 

 

**********************************************

 

 


映画史を塗り変える3時間の陶酔─
リンチ・ワールドの新境地にして集大成!

ハリウッド女優のニッキーは、主役2人が撮影中に謎の死を遂げ、製作中止となった作品で抜擢され再起を狙うが、やがて奇妙な世界が彼女の現実と交錯し始める…。ローラ・ダーン主演の不条理ミステリー。日本の人気女優・裕木奈江も出演。

 

2006年/アメリカ・ポーランド・フランス/カラー/180分/ビスタ
監督・脚本・撮影・製作:デヴィッド・リンチ
撮影:エリック・クレーリー、オッド・イエル・サルテル、オーレ・ヨハン・ロシュカ
出演:ローラ・ダーン(『ジュラシック・パーク』『ブルーベルベット』『ワイルド・アット・ハート)
           ジェレミー・アイアンズ(『運命の逆転』『ダイ・ハード3』)
           ハリー・ディーン・スタントン(『パリ、テキサス』『エイリアン』)
           ジャスティン・セロー(『マルホランド・ドライブ』『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』)
           nae/裕木奈江(『光の雨』『硫黄島からの手紙』)

 

© 2007 Bobkind Inc – STUDIOCANAL. All Rights Reserved.

 

 

 

 

 


◆ロスト・ハイウェイ

 

 

ロスト・ハイウェイ

LOST HIGHWAY

 

 

 

**********************************************

 

 


リンチ史上最高との呼び声もある傑作!

妻殺しの容疑者の男をめぐる恐怖の悪夢世界サックス奏者フレッドは、妻と平凡な生活を送っていたが、ある日ビデオテープが届けられる。そこには妻のバラバラ死体が写っており、彼は投獄されてしまう…。現実が溶けて行く恐怖のリンチ・ワールド、5年ぶりの長編第7作。

 

デジタル復元版 (1997年/アメリカ・フランス/カラー/135分/スコープ)
監督・脚本:デヴィッド・リンチ
脚本:バリー・ギフォード
撮影:ピーター・デミング
音楽:アンジェロ・バダラメンティ
出演:ビル・プルマン(『インデペンデンス・デイ』『あなたが寝てる間に…』)
          パトリシア・アークェット(『トゥルー・ロマンス』『6才のボクが、大人になるまで。』)
          バルサザール・ゲティ(『ザ・フィースト』『炎のメモリアル』)
           ロバート・ブレイク(『冷血』『夕陽に向って走れ』)
           ロバート・ロジア(『スカーフェイス』『ビッグ』)
           ジャック・ナンス(『イレイザーヘッド』『ブルーベルベット』)

 

©1997 Lost highway Productions

 

 

 

 

 


◆ツイン・ピークス

 

 

ツイン・ピークス

ローラ・パーマー最期の7日間

 

TWIN PEAKS  FIRE WALK WITH ME

 

 

**********************************************

 

 


“世界一美しい死体”となる女子高校生の
最期の7日間の秘密を描く、傑作ミステリー

 世界中で一大ブームを巻き起こした米TVシリーズの劇場版。田舎町ツイン・ピークスを舞台に起こる連続殺人事件の前日譚を描く。「ツイン・ピークス」は日本でも流行語となるほど一世を風靡し、配給収入20億円の大ヒットを記録した。

 

Kデジタル復元版 (1992年/アメリカ・フランス/カラー/135分/ビスタ)
監督・脚本・製作総指揮:デヴィッド・リンチ
脚本:ロバート・エンゲルス
撮影:ロン・ガルシア
音楽:アンジェロ・バダラメンティ
出演:シェリル・リー(『バック・ビート』『ヴァンパイア/最期の聖戦』)
レイ・ワイズ(『ロボコップ』『ザ・チェイス』)
ダナ・アッシュブルック(『バタリアン2』『ゴースト・パパ』)
カイル・マクラクラン(『ブルーベルベット』『ショーガール』)
デヴィッド・ボウイ(『地球に落ちて来た男』『戦場のメリークリスマス』)
キーファー・サザーランド(『スタンド・バイ・ミー』『ヤングガン』)

 

©1992 Twin Peaks productions. All Rights Reserved.

 

 

 


◆エレファント・マン

 

 

エレファント・マン

THE ELEPHANT MAN

 

 

 

 

**********************************************

 

 


アカデミー賞8部門にノミネートされ
世界的に大ヒットした感動の人間ドラマ

外科医のフレデリックは見世物小屋で“象人間”と呼ばれる特異な容姿をした男・ジョンと出会う。その後一躍時の人となった彼に、周囲は好奇や同情の眼差しを向けるが…。ジョン・ハート、アンソニー・ホプキンスなど豪華キャストが競演。

 

デジタル復元版 (1980年/アメリカ・イギリス/モノクロ/124分/スコープ)
監督・脚本:デヴィッド・リンチ
原作:フレデリック・トリーブス、アシュリー・モンタギュー
脚本:クリストファー・デヴォア、エリック・バーグレン
撮影:フレディ・フランシス 
音楽:ジョン・モリス
出演:ジョン・ハート(『ミッドナイト・エクスプレス』『エイリアン』)
    アンソニー・ホプキンス(『羊たちの沈黙』『日の名残り』)
          アン・バンクロフト(『奇跡の人』『卒業』)
          ジョン・ギールグッド(『ベケット』『ミスター・アーサー』)
          ウェンディ・ヒラー(『わが命つきるとも』『旅路』)

 

©1980 Brooksfilms Ltd. All Rights Reserved.

 

 

 

 


◆イレイザーヘッド

 

 

イレイザーヘッド

ERASERHEAD

 

 

**********************************************

 

 

 


5年かけて完成させカルト的な人気で
熱狂的な支持を得た衝撃の長編デビュー作

もじゃもじゃ頭の印刷工・ヘンリーは、ガールフレンドのメアリーから奇妙な赤ん坊を出産したと告白され、結婚を決意する。しかしメアリーが家を出てしまい、ひとり赤ん坊の世話をすることになったヘンリーの精神は次第に破綻していく…。

 

4Kデジタル復元版 (1977年/アメリカ/モノクロ/89分/ビスタ)
監督・脚本・製作:デヴィッド・リンチ
撮影:フレデリック・エルムズ
音楽:ピーター・アイヴス
出演:ジャック・ナンス(『ロスト・ハイウェイ』『ブルーベルベット』)
   シャーロット・スチュワート(『トレマーズ』TV「大草原の小さな家」)、
         アレン・ジョセフ(『マラソンマン』)
         ジーン・ベイツ、ローレル・ニア、ダーウィン・ジョストン

©1977 David Lynch – All Rights Reserved.イレイザーヘッド

 

 

 


【12/9(土)公開】アレハンドロ・ホドロフスキー監督最新作『エンドレス・ポエトリー』

 



その存在は、完全な光ーー


エンドレス・ポエトリー

 

ENDLESS POETRY


12/9 sat. Roadshow!


前作『リアリティのダンス』から3年、舞台はサンティアゴへ―。
世界に潜む「マジック・リアリズム」を追い求め続けるホドロフスキー監督が、 観る者すべてに送る“真なる生”への招待状。

 

   
         
   
 

2016 年/フランス、チリ、日本/128 分/スペイン語/ 
監督・脚本・音楽・美術:アレハンドロ・ホドロフスキー
製作:アレン・クライン 撮影:ラファエル・コルキディ
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ブロンティス・ホドロフスキー、デヴィッド・シルヴァ、ポーラ・ロモ、マーラ・ロレンツォ、ロバート・ジョン

舞台は故郷トコピージャから首都サンティアゴへ。父親と の軋轢や自身の葛藤を抱えたホドロフスキーは、初めての 恋や友情、古い規則や制約に縛られない若きアーティスト たちとの出会いと交流を経て、囚われていた檻から解放さ れ詩人としての自己を確立する。本作はフランス、チリ、 日本の共同製作で、新作を望む世界中のファン約1万人か らキックスターター、インディゴーゴーといったクラウ ド・ファンディングで資金の多くを集めて製作された、ま さに待望の新作。撮影監督は『恋する惑星』(94 年/ウォ ン・カーウァイ監督)など、手持ちカメラを使った独特の 映像で知られるクリストファー・ドイル。自身の青年時代 を虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で瑞々し く描き、「生きること」を全肯定する青春映画の傑作。

公式サイト ⇒ http://www.uplink.co.jp/endless/

©2007 ABKCO films

 


「生きろ!そして綴れ!オリジナル・ポエトリーノート」付き特別鑑賞券/1,500円
京都みなみ会館窓口にて販売中!


当日鑑賞料金:一般1,800円/シニア1,100円/学生1,000円

 


12/2 sat. ~ 12/15 fri.


アレハンドロ・ホドロフスキー特集

 

※画像をクリックすると作品詳細・上映日程がご覧いただけます。

 


アレハンドロ・ホドロフスキー特集 #2『ホーリー・マウンテン』

 


ホーリー・マウンテン

 

THE HOLY MOUNTAIN

 

12/5[火]16:10 | 9[土]16:00 | 14[木]16:00 12/2[土]オールナイト
 

1973年/アメリカ、メキシコ/113分/ハピネット
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
製作:アレン・クライン 撮影:ラファエル・コルキディ
音楽:アレハンドロ・ホドロフスキー、ホラシオ・サリナス
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ホラシオ・サリナス、ラモナ・サンダース、アリエル・ドンバール、ホアン・フェラーラ、アドリアナ・ペイジ

カルト・ムービーファンから圧倒的な支持を集め、世界中に数多くの熱烈な信者を持つアレハンドロ・ホドロフスキー。彼の代表作『エル・トポ』と並び、長年に渡り根強い人気を博すのが、『ホーリー・マウンテン』である。 「私は預言者なのかもしれない。いつの日か、孔子やマホメッド、釈迦やキリストが私の元を訪れることを想像することがある」本作の撮影中にホドロフスキーは自身についてこう語っている。錬金術師として劇中に登場する彼は、この言葉のように不死を求める弟子たちを時に優しく、時に厳しく導いていく。その修行の過程は、狂気とエロスに溢れ、サイケデリックで幻想的な世界が観るものを圧倒する。
©2007 ABKCO films

 

鑑賞料金:一般1,300円/シニア1,100円/学生1,000円

12/2[土]オールナイト上映
(エル・トポ/ホーリー・マウンテン/サンタ・サングレ/聖なる血)
一般3,000円/学生2,700円/前売り2,700円


 


アレハンドロ・ホドロフスキー特集 #3 『サンタ・サングレ/聖なる血』

 


サンタ・サングレ/聖なる血

 

SANTA SANGRE

 

12/7[木]16:10 | 10[日]16:00 | 15[金]16:00 12/2[土]オールナイト
 

1989年/イタリア、メキシコ/122分
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:アクセル・ホドロフスキー、ブランカ・グエッラ、ガイ・ストックウェル、サブリナ・デニソン

サーカスを舞台にした血まみれのメロドラマ。サーカスで育った少年フェニックスは父の浮気と、それにはじまる父母の喧嘩で母が傷つけられるのを目撃し、深いトラウマを抱く。フリークや身体損傷、カーニバルといったホドロフスキーお得意のテーマが明快な復讐物語の枠にきれいにおさまっている。
(c)INTERSOUND PRODUCTIONS S.r.l. 1989, ALL RIGHTS RESERVED.

 

鑑賞料金:一般1,300円/シニア1,100円/学生1,000円

12/2[土]オールナイト上映
(エル・トポ/ホーリー・マウンテン/サンタ・サングレ/聖なる血)
一般3,000円/学生2,700円/前売り2,700円

※画像をクリックすると作品詳細・上映日程がご覧いただけます。

 


アレハンドロ・ホドロフスキー特集 #4『ホドロフスキーのDUNE』

 


ホドロフスキーのDUNE

 

JODOROWSKY’S DUNE

 

12/4[月]19:45 | 12[火]16:00 
 

2013年/アメリカ/90分/英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語/カラー/16:9/DCP 
プロデューサー・監督:フランク・パヴィッチ 共同プロデューサー:ミシェル・セドゥー
撮影監督:デイヴィッド・カヴァロ 編集:アレックス・リッチアーディ、ポール・ドカティ
作曲:カート・ステンゼル 制作・音声スーパーバイザー:デーモン・クック
音響スーパーバイザー:ジェシー・フラワー=アンブロッチ
アニメーター:シド・ガロン 3Dアニメーション:ポール・グリズウォルド
配給:アップリンク、パルコ 宣伝:アップリンク
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ミシェル・セドゥー、H・R・ギーガー、クリス・フォス、ブロンティス・ホドロフスキー、リチャード・スタンリー、デヴィン・ファラシ、ドリュー・マクウィーニー、ゲイリー・カーツ、ニコラス・ウィンディング・レフン、ダイアン・オバノン、クリスチャン・ヴァンデ、ジャン=ピエール・ビグナウ

これは、世界を変えた未完の大作をめぐる、あなたに勇気を与える映画。

ホドロフスキーの『DUNE』は、1975年にホドロフスキーによって企画されたSF大作で、スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス、SF画家のクリス・フォス、『エイリアン』『トータル・リコール』の脚本で知られるダン・オバノン、画家、デザイナーのH・R・ギーガー、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、音楽にピンク・フロイド等、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した。 84年にデヴィッド・リンチによって『デューン/砂の惑星』が制作され、ホドロフスキーの『DUNE』は幻の作品となってしまったが、後に、ダン・オバノンは、ここで集めたスタッフを再集結させ、『エイリアン』(リドリー・スコット監督)を企画するなど、その後の映画界に多大な影響を与えた。 本作は、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥー、ギーガー、レフン監督等のインタビューと、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”、ホドロフスキー版『DUNE』についての、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリー!

「『DUNE』はこの世界では夢だ。でも、夢は世界を変える」――アレハンドロ・ホドロフスキー

公式サイト ⇒ http://www.uplink.co.jp/dune/

© 2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED

 

鑑賞料金:一般1,300円/シニア1,100円/学生1,000円

12/2[土]オールナイト上映
(エル・トポ/ホーリー・マウンテン/サンタ・サングレ/聖なる血)
一般3,000円/学生2,700円/前売り2,700円

※画像をクリックすると作品詳細・上映日程がご覧いただけます。

 

 


次ページへ »

ページの先頭へ