トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
デヴィッド・ボウイ一周忌 追悼上映『地球に落ちて来た男』/1/7(土)~20(金)

 

 デヴィッド・ボウイ一周忌 追悼上映
『地球に落ちて来た男』

デヴィッド・ボウイの死を受け、配給会社boidと共に、当館が初めて出 資提供した本作。全国ロードショーからはや数カ月が過ぎ、今回あらため てデヴィッド・ボウイの誕生日である1/8から、命日の1/10にかけて全国 22館の劇場で上映して頂ける事になりました。伝説的スターの映画初 主演作。不老不死のデヴィッド・ボウイを、是非大画面でご覧下さい。

『地球に落ちて来た男』 1/7(土)~20(金)
今はもうないあの場所へ いつの日かわたしはきっと帰るだろう
1976年/イギリス/139分/boid 提供:京都みなみ会館/boid 監督:ニコラス・ローグ

原作:ウォルター・テヴィス 出演:デヴィッド・ボウイ/リップ・トーン/キャンディ・クラーク/バック・ヘンリー/バーニー・ケイシー
ある日宇宙船が地球に落下する。砂漠に降り立った宇宙人は、あまりに美しい容姿を持っていた。その後弁護士のもとを訪れた彼は、人知を超えた9つの特許を元に、巨大企業を作り上げていく。アメリカのかつての大富豪、ハワード・ヒューズなどを思わせる彼の奇妙な暮らしが始まり、彼は全米の注目の的となる。一体彼は何をしようとしているのか? 彼は何者なのか? そんな彼の勢威を恐れる者たちもいた。彼の秘密の計画は思わぬ妨害を受け、彼の暮らしは一気に変わる。果たして彼は、故郷の星に戻ることができるのか…。 
(c)1976 Studiocanal Films Ltd. All rights

鑑賞料金
当日一般1,700円/学生1,400円/会員1,200円
<ボウイ追悼割引>…1/8(日)、10(火) 1,000円均一
スケジュールはコチラより⇒http://kyoto-minamikaikan.jp/schedule


【舞台挨拶1/15(日)】『トマトのしずく』

トマトのしずく
幸せになあれ。

2017年/1/14(土)ロードショー!

  舞台挨拶決定!  

■日時:1/15(日)18:20~の回 上映前
ご登壇者:吉沢悠さん、榊英雄監督

※舞台挨拶付き上映会は、特別興行の為、招待券(無料鑑賞)はご利用いただけません。

劇場窓口にて当日1030より販売開始
 ※前売り券の使用は可能です。
お持ちのお客様は劇場窓口にて舞台挨拶回の整理番号付入場券にお引き換えください。

<ご注意事項>

※登壇者は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
※チケット1枚につき1名様入場可。
※各種割引を適用される場合は、年齢など各種証明書が人数分必要です。
※チケット購入後はいかなる事情が生じましても変更及び払戻しはいたしかねます。
※転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
※劇場内でのカメラ(携帯カメラ含む)、ビデオなどによる撮影、録音等は固くお断り致します。

 

  【先着入場者プレゼント!】 

先着で「カゴメ <あまいとまと>ジュース」をプレゼント!甘さきわだつ・酸味ひかえめで、糖度10・完熟トマト6個分使用し、ぎゅっと濃縮したジュースです。(砂糖・食塩無添加。)

本作主人公・さくらの日課のおまじない「幸せになあれ」を一言唱えて、ぜひ飲んでみてはいかがでしょう?

数量限定ですので、無くなり次第終了となります。

 

 

トマトのしずく 

想いは、言葉にしなければ伝わらない―。

2012年/日本/91分/アークエンタテインメント
監督・脚本:榊英雄 脚本:山口晃二/渡来敏之
出演:小西真奈美/吉沢悠/柄本時生/山口祥行/ベンガル/角替和枝/原日出子/石橋蓮司

5年の交際を経て入籍したさくらと真は、2人で美容院を経営しながら、幸せな新婚生活を送っていた。しかし、さくらは中学生のときに母親を亡くして以来、父親の辰夫と疎遠な関係が続き、真は義父に一度も会ったことがなかった。ある日、辰夫が美容院を訪ねてくるが、さくらと気まずい雰囲気になってしまい、トマトのぎっしり詰まった紙袋を真に託しその場を去っていく……。

 公式HP:http://tomato-shizuku.net/

 

 
 (C)2012 ファミリーツリー
【料金】一般/1,800円 学生1,500円 会員1,200円 シニア1,100円


【初日舞台挨拶1/14(土)】『無垢の祈り』R18+

無垢の祈り

「みんな、殺されちゃえばいいのに」

   原作 平山夢明 × 監督 亀井亨が創りだす最狂の自主製作映画がついに劇場公開!   

映像化不可能と言われた平山作品の名作を映画化。
 

2017/1/14(土)よりロードショー!
◆◇先行オールナイト上映12/17(土) 詳細◇◆

  舞台挨拶決定!  

■日時:1/14(土)20:10~の回 上映後

〈登壇者〉
亀井亨監督 / 
BBゴローさん(義父・クスオ役)

平山夢明さん(原作) [MC]ペコイチさん

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


亀井亨
2005年『心中エレジー』で初劇場公開映画を監督。同作はベルリン・アジアーパシフィック映画祭最優秀作品賞、シネマパラダイス映画祭最優秀作品賞など多くの賞を獲得。『幼獣マメシバ』(2009年)『私の奴隷になりなさい』(2012年) など劇場公開作品のほか、テレビドラマでも『「超」怖い話』(2006年)『くろねこルーシー』(2012年)『アルビノ』(2016年)など多数の作品の監督を手掛ける。

BBゴロー
稲川淳二さんのモノマネで、些細な話や食べ物屋リポートを稲川怪談風に大げさに話すネタを軸にしている。怪談風漫談とも呼んでいる。
夏は忙しいが秋から翌年の春まで全く仕事がないので、その間は、ギター漫談、一人コント、BBゴローバンドをやる事で精神を保っている。バンドでは大好きなジュリーのナンバーの合間に、地縛霊、浮遊霊、背後霊、等の作詞作曲のコミックソングを歌っている。あとは広島カープファン歴40年で、広島の新球場の開幕前夜祭にも出演した事もある。特に80年代のカープ話は止まらなく、レインマンと呼ばれる事も。何をするにも、youtubeでお浚いをせず、小さい頃から蓄積された脳の残像と直感で活動中。

平山夢明
1996年に『沈むものsinker』(徳間書店)で小説家としてデビュー。2006年「独白するユニバーサル横メルカトル」で日本推理作家協会賞短編賞短編部門、2011年『DINER』(ポプラ文庫)で日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞をダブル受賞。著作に『ミサイルマン』(光文社文庫)『或るろくでなしの死』(角川文庫)『暗くて静かでロックな娘』(集英社)『デブを捨てに』(文藝春秋)など。 最新作は、人気漫画『テラフォーマーズ』のノベライズ『LOST MISSIONⅡ 悲母への帰還』(集英社)を上梓している。

ペコイチ
元ポールダンサー、元GT300 ランボルギーニ レースクイーン。京都出身。高校から6年間アメリカとスウェーデンに住んだのち東京に。
メンバーとして4年間活動したダンサーグループmaneaterが解散したのち、フリーになり怪談作家からのレースクイーンに転身 

無垢の祈り
2015年/85分/日本
監督・脚本:亀井亨 原作:平山夢明
出演:福田美姫/BBゴロー/下村愛/サコイ/綾乃テン/奈良聡美/YOSHIHIRO/幸将司

学校で陰湿ないじめを受ける10歳の少女フミ。 家に帰っても、日常化した義父の虐待が日を追うごとに酷くなり安息の時間もない。 母親は、夫の暴力から精神の逃げ場をつくるべく、新興宗教にいっそうのめり込んでいく。誰も助けてくれない――フミは永遠に続く絶望の中で生きている。 そんなある日、自分の住む町の界隈で起こる連続殺人事件を知ったフミは、殺害現場を巡る 小さな旅を始める。そしてフミは「ある人」に向けて、メッセージを残した―。

(C)YUMEAKI HIRAYAMA/TORU KAMEI

【料金】一般/1,800円 学生1,500円 会員1,200円 シニア1,100円

公式HP:http://innocentprayer.s2.weblife.me/



【初日舞台挨拶1/21(土)】『ちょき』

ちょき

ちょきさん、ごめんね、ありがとう。
2017年/1/21(土)よりロードショー!

  舞台挨拶決定!  

■日時:1/21(土)14:20~の回 上映後
ご登壇者:金井純一監督

金井純一
大学在学中より、ドキュメンタリー作品をはじめとした映像作品を制作。 2012年短編「転校生」が札幌国際短編映画祭にて最優秀監督賞、最優秀国内監督賞の2冠を達成。国内外で高い評価を得る。2013年11月「ゆるせない、逢いたい」で劇場長編映画デビューを飾る。他CMやwebムービーなど多くを手掛ける、映画界期待の若手監督。今作もオリジナル脚本を書き上げた。新鋭若手監督。

 

ちょき 

小さな街の小さな美容室。盲目の少女と美容師のおじさんの、
ていねいで、いとおしい、小さな恋の話。

2016年/日本/S・D・P
監督・脚本:金井純一
出演:増田璃子/吉沢悠/藤井武美/和泉ちぬ/広澤草

自然豊かな和歌山市の商店街にある美容室“HATANO”。
レコードとコーヒーが好きな波多野直人(吉沢悠)は美容師を、妻・京子(広澤草)は美容室の二階で書道教室をしていた。7歳の瀬戸サキは、その書道教室に通っていた問題児だが、京子はサキを自分の娘のように可愛がっていた。直人と京子の間に子供はいなかった。時は経ち十年後、一本の電話がかかってくる。それは十年前のある事件以来会っていなかったサキ(増田璃子)だった。彼女は視力を完全に失っていた。直人も最愛の妻・京子を五年前に亡くしていた。空白の十年間に何があったのか。サキの想いを知り、直人はある大きな決意をする・・・。 

 公式HP:http://choki-movie.com/

 
 (C)2016「ちょき」フィルムパートナーズ
 ★『ちょき』1/28(土)のみ、副音声ガイド上映ございます!
視覚障害をおもちの方々がより映画などを楽しんで頂くために、副音声・音声ガイド付き上映となります。
【料金】一般/1,800円 学生1,500円 会員1,200円 シニア1,100円
【前売券】全国共通前売券1,300円(1/20迄販売)



【舞台挨拶1/27(金)】みなみ二本立て劇場『ベトナムの風に吹かれて』

みなみ二本立て劇場~心に響く二作品続けてお楽しみください~
1/21(土)より一週間限定二本立て上映!
 
【料金】1,300円均一/前売券1,100円(1/20迄の販売)
※ご招待券ご使用不可
 

  『ベトナムの風に吹かれて』舞台挨拶決定!  

■日時:1/27(金)10:00~ 上映後
ご登壇者:大森一樹監督

大森一樹
1980年京都府立医科大学卒業。高校時代から8ミリ映画を製作していたことから、映画監督の道へ進む。大学在学中の1977年、「オレンジロード急行」で城戸賞受賞。これをきっかけに翌年1978年商業映画デビュー。以後30本近い劇場映画を監督。作品に「ヒポクラテスたち」「風の歌を聴け」「恋する女たち」「ゴジラvsビオランテ」「シュート!」「わが心の銀河鉄道」「悲しき天使」他多数。最新作は、2011年の「津軽百年食堂」。 映画会社、撮影所のシステムの外で、高校時代から見てきた映画にインスパイアーされ、自分で8ミリカメラをまわし映画作りを始めて30年以上、日本映画の様々な撮影所で劇場商業映画を作ってきた。その経験を活かし、これまで作られてきた内外の映画を教科書としながら、自分の映画の文体を確立し、その時代に必要とされる要素を加えた「新しい映画作り」を探す。映画史の研究、映画を見ることによる映画創作の可能性を研究分野とする。 

 

ベトナムの風に吹かれて

若き日にあこがれていたあの場所で今、母と生きていく

2015年/日本・ベトナム/114分/アルゴ・ピクチャーズ 
監督・脚本:大森一樹 出演:松坂慶子/草村礼子/奥田瑛二 

ハノイで日本語教師として働くみさおは、父の死後、認知症が進行した母をベトナムへ連れて行く決意をする。慣れない土地での様々なハプニングも、優しく受け止めてくれる周囲の人々に支えられ、人生の葛藤も明るく乗り越えていく「大人の青春映画」! 

 公式HP:http://vietnamnokaze.com/

 
 (C)「ベトナムの風に吹かれて」製作委員会



1/28(土)『この世界の片隅に』片渕須直監督トークイベント&オールナイト in 京都

『この世界の片隅に』片渕須直監督トークイベント&オールナイト in 京都


片渕監督のこれまでの軌跡を京都みなみ会館のオールナイト企画でイッキ見!片渕監督が当時大学生だったにも関わらず、脚本と演出補で参加した宮崎駿監督の『名探偵ホームズ』TV版4話分、今なお根強いファンの人気を誇る長編劇映画の初監督作『アリーテ姫』、そして多くのファンの上映運動を巻き起こし、のちに『この世界の片隅に』に直結する、片渕監督の手腕がいかんなく発揮された傑作『マイマイ新子と千年の魔法』。
片渕監督自身による自作トークもあります!


〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓

2017年1月28日(土) オールナイト上映
開場/23:15 開演/23:30  (翌6:10終了予定)

上映作品
『名探偵ホームズ』傑作集|アリーテ姫|マイマイ新子と千年の魔法


【完売御礼】お買い求め、ありがとうございます。全てのチケット完売致しました!
※当日券の販売はございません。
整理番号付き前売り券/2,700円 劇場窓口・Peatixにて販売中!

Peatix → http://katabuchi-night.peatix.com


当日一般3,000円/学生・会員2,700円
 

続きを読む


2/11(土)公開『裏切りの街』サイン入りポスター抽選プレゼント有!
大阪・第七藝術劇場(1/21公開)、神戸・元町映画館(2/4公開)、京都・京都みなみ会館(2/11公開)にて、
『裏切りの街』をご鑑賞の皆様に朗報!
上記3館にて、〈裏切らない〉ポスター抽選プレゼント企画を開催致します!
 

 

プレゼント:『裏切りの街』サイン入りB2ポスター/1名様

応募方法:

各劇場にて『裏切りの街』鑑賞時に、抽選プレゼント応募用紙を配布致します。
必要事項をご記入の上、ご応募ください。 

当選者の
発表:

ご応募いただいた方の中から厳正なる抽選を行い、
2/24(金)(京都みなみ会館『裏切りの街』上映最終日)以降に当選者を決定致します。
当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。 

 

 

2/11(土)〜2/24(金)上映
裏切りの街
2016年/日本/132分/R15+/エイベックス・デジタル 配給
監督・脚本:三浦大輔
出演:池松壮亮、寺島しのぶ、中村映里子 ほか

人は、なんとなく、
人を裏切る――

池松壮亮と寺島しのぶが共演したdtvのオリジナルドラマを映画化。ドラマは『愛の渦』『何者』の三浦大輔監督が自らの舞台を映像化した作品で、本作ではドラマ版とは異なる編集を施した劇場版として上映する。同棲する恋人に小遣いをもらいながら怠惰な生活を続けるフリーターの菅原裕一。専業主婦として退屈な毎日を送る智子。ある日2人は、出会い系サイトを通じて知り合い、ダラダラと逢瀬を重ねるだけの関係を続けていくのだったが…。

(C)BeeTV



【特集上映】ウルトラ大全集 PART2 きたぞ!われらのウルトラマン

次回上映作品

劇場版 ウルトラマンG ゴーデスの逆襲

◆1/28(土) 17:20- ◆1/29(日) 15:30-

当日鑑賞料金:1,500円均一
 ※招待券使用不可

全プログラム鑑賞パス(トークライブ4回付き)/10,000円 窓口にて販売中!



【特別上映】超大怪獣大特撮大全集SDX PART.1 2017年1月より開催決定!

20171/28() 29(日)  ◇28(土) 18:45- (21:05終了予定) 29(日) 16:55- (19:15終了予定)

 

20172/25() 26(日)

 

20173/18() 19(日)
 

 

20174/15() 16(日)
 
全プログラムパス(オールナイト含む)/10,700円販売中!
 

 

過去の大怪獣大特撮大全集

★2016年9~12月開催⇒超大怪獣大特撮大全集 DX PART.3
★2016年5~8月開催⇒超大怪獣大特撮大全集 DX PART.2

★2016年1~4月開催⇒超大怪獣大特撮大全集 DX PART.1
★2015年8~12月開催⇒超大怪獣大特撮大全集PART.2
★2015年3~7月開催⇒⇒超大怪獣大特撮大全集PART.1
★2014年3~12月開催⇒日本怪獣特撮映画誕生60周年×京都みなみ会館50周年記念企画 大怪獣大特撮大全集
★2015年11/2開催⇒ゴジラ誕生祭2015 京都
★2015年11/2開催⇒Blu-ray BOX発売記念 映画館の大スクリーンで観る『帰ってきたウルトラマン』 HD Remaster2.0上映会

主催:京都みなみ会館/株式会社キャスト/レジンシェフとうけけ団


【ライブ&特別上映】Homecomings & Naoya Sanuki presents“New Neighbors”

Homecomings & Naoya Sanuki presents
“New Neighbors” 

  映画上映: アメリカン・スリープオーバー  
LIVE:Homecomings *ACOUSTIC SET 

2017.2.19(日)
OPEN 15:00 / START 15:30 
【料金】前売2,800円 当日3,300円

主催: Homecomings & Naoya Sanuki 制作: Second Royal Records / felicity
協力: Gucchi’s Free School / みなみ会館

【チケット詳細】1/14(土)一般発売 チケットぴあ(P : 318-459) / ローソンチケット(L : 53808) / e+(Pre:1/6 12:00-1/9 18:00 ) その他取扱い店舗FLAKE RECORDS / SECOND ROYAL SHOP / JET SET KYOTO / 京都みなみ会館 

Homecomingsとイラストレーター・サヌキナオヤによる映画と音楽の自主イベントが開催!バンドの世界観に海外映画や海外小説の影響が著しくその分野において造詣の深いHomecomingsのメンバーと、この度、Gucchis Free Schoolの協力により上映の機会が少なかった関西で一日限りの特別公開が決定!Homecomings によるアコースティックライブ付き特別上映!

 

アメリカン・スリープオーバー
2010年/アメリカ/96分
監督:デビッド・ロバート・ミッチェル
出演:クレア・スロマ/マーロン・モートン/アマンダ・バウアー/ブレット・ジェイコブセン/ジェイド・ラムジー

 長編第2作「イット・フォローズ」で注目されたデビッド・ロバート・ミッチェル監督が、2010年に発表した長編監督デビュー作。アメリカ、デトロイトの郊外を舞台に、夏休み最後の一週間の「Sleep Over(お泊まり会)」を通して、一目ぼれした女性を探す少年や、双子の姉妹の間で揺れる大学生、「楽しいなにか」を求める少女など、それぞれの青春を追いかける思春期の少年少女たちが、精神的に成熟していく過程をみずみずしく描いた。

 Homecomings

京都在住、女の子3人+ 男の子1人の4ピース・バンド。「FUJI ROCK FESTIVAL」「RUSH BALL」「FM802 RADIOCRAZY」「BAYCAMP」等への出演や、The Pains of Being Pure at Heart / Mac DeMarco / Veronica Falls / Computer Magic / Norman Blake(Teenage Fanclub)といった海外アーティストとの共演、東京・大阪での自主企画イベントの開催など、2012年の結成から飛躍的に活動を展開中。

これまでに『Homecoming with me ?』(2013年 CD/10″)、『I Want You Back』(2014年 CD/7″)、平賀さち枝とのコラボシングル『白い光の朝に』(2014年 CD/7″)、1stフルアルバム『Somehow, Somewhere』(2014年 CD/LP) 、『HURTS』(2015年 CD/7″) をリリース。2016年5月11日待望の2ndフルアルバム『SALE OF BROKEN DREAMS』をリリースした。


次ページへ »

ページの先頭へ