400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/orgds8.txt (port 80)
トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
【終了】【毎週開催!オールナイト上映】3/10(土)|映画大好き!ナイト

2018.3.10 sat. open/23:30

 

 

映画大好き!ナイト

 

 

 

※18歳未満の方はご入場いただけません。

 

 

上映作品

 


リトル・ランボーズ

(C) Hammer&Tongs, Celluloid Dream, Arte France, Network Movie, Reason Pictures

 


桐島、部活やめるってよ
(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社

 


僕らのミライへ逆回転
(c)Newline Productions/Junkyard Productions

 

 

 

 


【終了】【特集上映】2/24(土)~3/9(金)開催※25(日)休映「フィルム世界旅行~フィルムが紡ぐ軌跡~」PART.4

 

 

フィルム世界旅行

~フィルムが紡ぐ軌跡~

PART.4

 

2018年2月24日(土)~3月9日(金)※25(日)休映

 

映画とフィルム。デジタル化の流れの中で、その関係が大きく変わりつつある今、フィルムで観ることによってこそ輝く作品を 上映していきます。一昨年に上映したフェデリコ・フェリーニの『道』、アンドレイ・タルコフスキーの『ノスタルジア』、 昨年に上映したホウ・シャオシェンの『悲情城市』等に続き、今回は「映画作り」をテーマに3作品をお届けします。 イタリア・日本・グルジアの三人の巨匠が描く「映画に託した想い」をフィルム独特の質感と共に存分に味わってみてください。

 

 


 

8 1/2

 

OTTO E MEZZO

 

2/24[土]14:50 | 2/28[水]14:50 
3/5[月]10:30 | 3/7[水]10:30 | 3/9[金]10:30
 

1963年/イタリア/138分/35㎜/ザジフィルムズ
監督・脚本:フェデリコ・フェリーニ
脚本:トゥッリョ・ピネッリ/エンニオ・フライアーノ/ブルネッロ・ロンディ
撮影:ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ 音楽:ニーノ・ロータ
出演:マルチェロ・マストロヤンニ /クラウディア・カルディナーレ/サンドラ・ミーロ/アヌーク・エーメ/ロッセラ・ファルク/バーバラ・スティール
1963年度アカデミー賞 外国語映画賞/1963年モスクワ国際映画祭 グランプリ
1965年キネマ旬報ベスト・テン 第1位


イタリアの映画監督グイドは、新作映画の構想がまとまらず、温泉地へ療養に出かける。 しかし、そこへ訪問してくる人々の存在が、彼のストレスをより一層深めていく。 やがて、幻覚を見始めた彼の人生の行き着く先は・・・ あらゆるジャンルのクリエイターに多大なる影響を与え続けるフェデリコ・フェリーニ監督の自伝的作品。 夢と現実が交錯した世界が幻想的な映像美で描かれる。

©MEDIASET S.p.A
http://www.zaziefilms.com/eight-half/

 

 

 


 

蒲田行進曲

 

 

2/26[月]14:50 | 3/1[木]14:50 | 3/3[土]10:30 | 3/6[火]10:30
 

1982年/日本/108分/35mm/松竹
 監督:深作欣二 原作・脚本:つかこうへい
撮影:北坂清 音楽:甲斐正人
出演:松坂慶子/風間杜夫/平田満/高見知佳/原田大二郎/蟹江敬三

1982年日本アカデミー賞 最優秀作品賞/1982年毎日映画コンクール 日本映画大賞
1982年ブルーリボン賞 作品賞/1982年キネマ旬報ベスト・テン 第1位


時代劇のメッカ、京都の撮影所では新作『新撰組』の撮影がたけなわ。 主役の銀ちゃんは最大の見せ場となる“階段落ち”のシーンが中止になるという噂にイライラ。 そんなある日、大部屋役者のひとりヤスのもとへ、銀ちゃんが売れなくなった女優の小夏を連れてやってきた。 銀ちゃんの子どもを身籠っている小夏。「コイツと一緒になってくれ! 」。 銀ちゃんの無理難題をしぶしぶ引き受けてしまうヤスだったが・・・。 『仁義なき戦い』等で知られる深作欣二監督がつかこうへいの直木賞受賞原作を映画化。 撮影所を舞台に男女3人の可笑しくも愛おしい関係性を描いた人情喜劇。

©1982 松竹株式会社

 

 

 


 

汽車はふたたび故郷へ

 

CHANTRAPAS

 

2/27[火]14:50 | 3/2[金]14:50 | 3/4[日]10:30 | 3/8[木]10:30
 

2010年/フランス・グルジア/126分/35mm/ビターズ・エンド
監督・脚本:オタール・イオセリアーニ
撮影:ライオネル・カズン(グルジア)/ジュリー・グルンバウム(フランス)
音楽:ジャルジ・バランチヴァゼ
出演:ダト・タリエラシュヴィリ/ビュル・オジエ/ピエール・エテックス
2010年カンヌ国際映画祭 特別招待作品/2010年マルデルプラタ国際映画祭 審査員特別賞 2010年マラティヤ国際映画祭 ライフ・アチーブメント賞/第23回ヨーロピアンシネマ パノラマ特別賞


かつてソ連の一共和国だった頃のグルジア。牧歌的な少年時代を経て映画監督になった主人公ニコは、 検閲や思想統制によって思うように映画作りが出来ないことに耐えかねて、 自由を求めてフランスへと向かう。ところがフランスでも、映画に商業性を求めるプロデューサーとの闘いがあったりと、 映画作りは困難の連続・・・はたしてニコは自分自身が本当に望んでいるものを作ることが出来るのか? 『皆さま、ごきげんよう』の公開も記憶に新しいオタール・イオセリアーニ監督が実人生を主人公に投影した作品。 アンドレイ・タルコフスキーをはじめ、故郷を離れざるをえなかった数多くのアーティスト達にオマージュが捧げられている。

(C)2010 Pierre Grise Productions
http://bitters.co.jp/kisha/

 

鑑賞料金:一般1,500円/シニア1,100円/学生1,000円

 


【終了】【毎週開催!オールナイト上映】3/3(土)|Directed by アキ・カウリスマキ

 

2018.3.3 sat. open/23:00

当日券販売あり!

Directed by シリーズ第9弾!『希望のかなた』公開記念

 

Directed by アキ・カウリスマキ

 

現・京都みなみ会館での最後のDirected by シリーズは、新作公開の度に熱狂的なファンを増やし続けている、フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督。当館にて、3/10(土)より公開の『希望のかなた』35mmフィルム上映に合わせて、4作品を全て35mmフィルムで上映致します!

 

 

 

 

※18歳未満の方はご入場いただけません。

 

 

上映作品

 


パラダイスの夕暮れ

 


レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

 


コントラクト・キラー

 


街のあかり

 

 

 


【終了】【舞台挨拶あり】2/24(土)より公開!『STOP』

 

 


世界各国の映画祭で物議を醸し、

あまりの衝撃に上映困難とされた問題作が遂にベールを脱ぐ。

 

 


『STOP』

 

監督:キム・キドク


2/24 sat. Roadshow!

 

舞台挨拶決定!

◇日時◇
2/26(月)&2/27(火) 19:10-回 上映後


◇登壇者◇
合アレンさん
(「STOP」のプロデュースと準主演)

 

 

世界3大映画祭であるベルリンで監督賞(‘04)。
ベネチアで監督賞(’04)、最高賞(‘12)を受賞
したキム・ギドクが、
日本に来て監督、撮影、照明、録音を全て一人で行った執念の作品。

 

 

   
         
 

2016年/韓国、日本/82 分/Kim Kiduk Film , Allen Ai Film
監督・脚本:キム・キドク 
出演:中江翼、堀夏子、武田裕光、田代大悟、藤野大輝、合アレン

 2011年3月11日、東日本大震災。そして福島第一原発のメルトダウン。5km圏内に住んでいた若い夫婦は東京への移住を決意した。妊娠中の妻は放射能の赤ん坊への影響に不安を抱え、だんだん正気ではいられなくなる。そんな中、謎の政府の役人が現れ中絶を強引に促す。写真家である夫は、かつてのままの美しい自然や動物の写真を撮り、妻を安心させようと単身福島に戻ったのであったが、彼がそこで見たものは・・・。

公式サイト ⇒ https://www.stop-movie.com/

© 2017 by Allen Ai Film

 



当日鑑賞料金
一般1,500円/シニア1,100円/学生1,000円


※2/25(日)のみ休映

 

 


【終了】【毎週開催!オールナイト上映】2/24(土)《ウルトラ大全集スペシャルNIGHT2》

ウルトラ大全集スペシャルNIGHT2

2/24 sat. All Night

Open/23:30 Start/23:45
(6:00終了予定)

 
 
京都みなみ会館、
2018年3月をもって一時閉館。
 
この地では最後の《ウルトラ大全集》オールナイト企画に、
トークライブ&サイン会の特別ゲストとして
『ウルトラマンオーブ』からジャグラス・ジャグラーこと
青柳尊哉さんと、メイン監督の田口清隆さんの
出演が決定しました!
 
日時:2月24日(土)オールナイト(23:30開場)
料金:3,500円(前売とも)
チケットぴあ残り僅か!
補助席分の販売は、近日中にアナウンスさせて頂きます。
 
 
 
上映作品:
『ウルトラマンオーブ』より
 第24話「逆襲の超魔王獣」
 第25話「さすらいの太陽」
『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』
『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET ムサシ』(13歳)少年編
 
トーク&サイン会特別ゲスト
青柳尊哉(ジャグラス・ジャグラー役)
田口清隆(『ウルトラマンオーブ』メイン監督)
 
※状況によりサイン会は人数制限となる場合がございます。
 予めご了承くださいませ。
 

【終了】【毎週開催!オールナイト上映】2/17(土)|Directed by ヴィム・ヴェンダース

 

 

2018.2.17 sat. open/22:45

 

Directed by ヴィム・ヴェンダース

 

 

 

※18歳未満の方はご入場いただけません。

 

 

 

上映作品

 

 


パリ、テキサス


(c)1984 REVERSE ANGLE LIBRARY GMBH, ARGOS FILMS S.A. and CHRIS SIEVERNICH, PRO-JECT FILMPRODUKTION IM FILMVERLAG DER AUTOREN GMBH & CO. KG

 


ベルリン・天使の詩


(c)1987 REVERSE ANGLE LIBRARY GMBH and ARGOS FILMS S.A.

 


ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ


(c)1999 REVERSE ANGLE LIBRARY GMBH

 

 

 


【終了】【デヴィッド・リンチの映画】映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』公開記念 限定オリジナル“リンチ”Tシャツがもらえるスタンプラリー実施!
 

 

当館にて上映の「デヴィッド・リンチの映画」特集の中から3本、3/3より京都シネマにて公開『デヴィッド・リンチ:アートライフ』をご鑑賞の計4つのスタンプを集めた先着20名の方に『デヴィッド・リンチ:アートライフ』オリジナルTシャツ(非売品)をプレゼントします。

 

 

【プレゼント】
『デヴィッド・リンチ:アートライフ』オリジナルTシャツ(非売品 / フリーサイズ)

【プレゼント引き換え期間】
京都シネマにて『デヴィッド・リンチ:アートライフ』上映期間中 2018年3月3日(土)~

【プレゼント引き換え期間】
押印されたスタンプカードを京都シネマの劇場窓口に提示
※オリジナルTシャツは数量限定、無くなり次第終了。
※『デヴィッド・リンチ:アートライフ』ご鑑賞でスタンプ1個押印、特集上映『デヴィッド・リンチの映画』上映作品の中から3作品ご鑑賞でそれぞれ1個押印します。
※複数のカードをひとつにまとめることはできません。

 

※画像をクリックすると公式ページに移動します。

1/27(土)~2/16(金) @京都みなみ会館

デヴィッド・リンチの映画

 

3/3(土)~ @京都シネマ

デヴィッド・リンチ アートライフ


【終了】【デヴィット・リンチの映画】1/27(土)より公開!

 

 

2018年1/27(土)~スタート!

 

 

 

特集上映

 

《デヴィット・リンチの映画》

 

ハリウッドの異端児にして、カルトの帝王―
奇才デヴィット・リンチの傑作をデジタル復刻版で一挙上映!

 

 


上映作品

 

※画像をクリックすると作品詳細がご覧いただけます。

ERASERHEAD/イレイザーヘッド

 

 

THE ELEPHANT MAN/エレファント・マン

 

 

TWIN PEAKS  FIRE WALK WITH ME
ツイン・ピークス  ローラ・パーマー最後の7日間

 

 

LOST HIGHWAY/ロスト・ハイウェイ

 

 

MULHOLLAND DRIVE/マルホランド・ドライブ

 

 

INLAND EMPIRE/インランド・エンパイア

 

 

 


 

 


DAVID LYNCH


★★★★

1946年1月20日アメリカ合衆国モンタナ州出身。本名はDavid Keith Lynch。
1967年短編映画『SIX MEN GETTING SICK』を制作。

1977年、5年の歳月をかけて『イレイザーヘッド』を完成させる。本作はカルト的な人気を博すと共に、スタンリー・キューブリックをはじめ熱狂的な支持を得る。

1980年『エレファント・マン』がアカデミー賞®作品賞、監督賞を含む8部門にノミネートされると共に世界的に大ヒット、一躍脚光を浴びる。その後『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』の監督オファーを断り、3年半かけて大作『デューン/砂の惑星』(84)を完成させた。

『ブルーベルベッド』(86)の後に発表した『ワイルド・アット・ハート』(90)でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。また、TVシリーズ「ツイン・ピークス」(89-91)では世界中で一大ブームを巻き起こし、映画『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』を発表、再び大きな話題となり日本でも大ヒットを記録した。その後長編第7作となる『ロスト・ハイウェイ』(97)を5年ぶりに発表、本作はリンチ最高傑作と呼ぶ声も多い。

『ストレイト・ストーリー』(99)の後、2001年に発表した『マルホランド・ドライブ』が、カンヌ国際映画祭最優秀監督賞、全米批評家協会賞作品賞、NY批評家協会賞作品賞、LA批評家協会賞監督賞など各国の映画祭でも高く評価され、主演のナオミ・ワッツをハリウッドの人気女優に押し上げた。また、本作はイギリスBBCが企画した「21世紀の偉大な映画ベスト100」にて第1位に選出されるなど、名実共にデヴィッド・リンチの代表作となった。

2006年『インランド・エンパイア』を発表、全米批評家協会賞実験的作品賞及びヴェネチア国際映画祭栄誉金獅子賞を受賞した。

2017年、前作から25年後の世界を描く新作「ツインピークスThe Return」を発表、日本でも7月よりTV放送を開始した。また、監督本人が幼少期から映画監督になるまでを語るドキュメンタリー映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』(配給:アップリンク)が2018年1月に公開予定。

本年、監督引退を公言。今後の動向が注目されている。

公式サイト ☞http://cinemakadokawa.jp/lynch50-eiga/


【終了】【連日舞台挨拶あり】2/3(土)公開!『月夜釜合戦』



2018/2/3 (土) 公開!

 

 偉大な釜を巡る 争奪戦が始まる

 

月夜釜合戦

 

 

舞台挨拶決定!

〈登壇者〉
①2/3(土) 15:00‬-の回上映後

②2/4(日) 15:00-‬の回上映前
★2/4(日)上映後、太田直里さん×佐藤零郎監督のトークが決定!

 

①太田直里さん、川瀬陽太さん、
門戸紡さん、渋川清彦さん、
西山真来
さん、海道力也さん、佐藤零郎監督



②太田直里さん川瀬陽太さん、
渋川清彦さん、
西山真来
さん、佐藤零郎監督

 
 
_________________________________________________________________________________

 

連日ゲスト・トーク決定!

 

〈登壇者〉


①2/5(月) 19:55‬-の回上映後
②2/6(火) 19:55-‬の回上映後
2/7(水) 20:10‬-の回上映後
④2/8(木) 19:55‬-の回上映後
⑤2/9(金) 19:55‬-の回上映後

 

佐藤和夫さん(元京都市議会議員)×佐藤零郎監督

 

「京都の寒い冬を焦がす炎の下剋上トーク」
カズ役カズさん―真打ち登場!佐藤零郎監督に物申す!―

 

佐藤零郎監督によるQ&A

 

廣瀬純さん(映画批評家)×佐藤零郎監督

 

酒井隆史さん(社会学者)×佐藤零郎監督


                                     

<劇場窓口でのご購入について>

当日、開館時より窓口にて当日券販売開始。

前売り券をお持ちのお客様も、
劇場窓口にて舞台挨拶回の整理番号付入場券にお引き換えください。
 
※前売り券は前日2/2(金)までみなみ会館販売窓口にて販売中

                                     

         
  太田直里
1979年生まれ。脚本を書いたり書かなかったり。芝居を好んでする人。踊るのが好き。学生時代、釜ヶ崎に連れて行かれ、野宿の現場、長居公園テント村にも出会う。テント村住人と一緒に芝居(「あさやけやけて」京都西部講堂にて)をしたことがきっかけで、テント村の行政代執行当日、「芝居」をする。井上譲と共に脚本と演出を担当。それ以降も、東京、京都でテント芝居を中心に活動。現在は育児をしながら、鳥取で木を伐る。村の子どもたちと、子どもカフェを企画している。そのうち、村芝居を企画するはずである。
 
   
  川瀬陽太
1969年生まれ。90年代より助監督として自主映画の世界へ。福居ショウジン『Rubber’s Lover』にて俳優デビュー。その後成人映画、Vシネマ、本編と様々な作品に携わる。主な作品・公開待機作に入江悠『22年目の告白―私が殺人犯です―』、染谷将太『清澄』、西村喜廣『蠱毒 ミートボールマシン』、斎藤工『blank13』、富田克也『バンコクナイツ』、樋口真嗣・庵野秀明共同監督『シン・ゴジラ』、酒井麻衣『はらはらなのか。』、越川道夫『海辺の生と死』、廣木隆一『ナミヤ雑貨店の奇跡』、菊地健雄『ハローグッバイ』、榊英雄『アリーキャット』、永山正史『トータスの旅』、瀬々敬久『菊とギロチン』、入江悠『SRサイタマノラッパー マイクの細道』(TV)など。冨永昌敬『ローリング』、山内大輔『犯る男』等により第25回日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞受賞。
 
     
  渋川清彦
1974年生まれ。群馬県渋川市出身。KEEとしてモデル活動後、1998年に豊田利晃監督作『ポルノスター』で映画デビュー。その後も『青い春』(02)、『ナインソウルズ』(03)、『蘇りの血』(09)など豊田組には多数出演。その他にも『せかいのおわり』(04/風間志織監督)、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08/若松孝二監督)、『フィッシュストーリー』(09/中村義洋監督)、『ゴールデンスランバー』(10/中村義洋監督)、『生きてるものはいないのか』(12/石井聰亙監督)、『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(12公開/若松孝二監督)、『横道世之介』(沖田修一監督)、『俺俺』(13/三木聡監督)、『バイバイ、マラーノ』(13/金 允洙監督)、「そして泥船がゆく」(14/渡辺紘文監督/主演) 、『ジョーカー・ゲーム』(15/入江悠監督)、『ソレダケ/that’s it』(15/入江悠監督)、『極道大戦争』15/三池崇監督)、『ラブ&ピース』(15/園子温監督)、『お盆の弟』(15/大崎章監督/主演)、『追憶』(17/大崎章監督/主演)など多岐に渡る。
 
         
  西山真来
1984年京都府生まれ。大学在学中に劇団を主宰し演劇作品を発表。上京後は俳優に専念し『へばの』(木村文洋監督)、『Omokage~面影』(万田邦敏監督)、『乃梨子の場合』(坂本礼監督)、『夏の娘たち ひめごと』(堀禎一監督)などに出演。2017年平田オリザ主宰青年団入団。
 
         
 

  佐藤零郎
1981年、京都生まれ。2005年より映画監督佐藤真に師事し、ドキュメンタリーを学ぶ。2007年、大阪長居公園テント村の野宿生活者達が、強制的に立ち退きにあうときに、芝居をすることで権力と対峙する姿を記録した「長居青春酔夢歌」が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波(2009)にノミネートされる。長居公園の現場でNDUの布川徹郎と出会い、以後行動を共にする。個々人としてドキュメンタリーを制作するのではなく、集団的な批評や議論を必要とした関西の若手ドキュメンタリストの集団NDS(中崎町ドキュメンタリースペース)の立ち上げに関わる。「映画と社会変革」を自身の創作活動のテーマとしている。
 

 

    廣瀬 純(Hirose Jun)
龍谷大学経営学部教授(映画論、現代思想)。1971年生まれ。著書に『アントニオ・ネグリ 革命の哲学』(青土社)、『絶望論』『闘争のアサンブレア』(ともに月曜社)、『蜂起とともに愛がはじまる』『美味しい料理の哲学』(ともに河出書房新社)、『シネキャピタル』(洛北出版)、『闘争の最小回路』(人文書院)、訳書にネグリ『未来派左翼』(NHK出版)、『芸術とマルチチュード』(共訳、月曜社)、フランコ・ベラルディ(ビフォ)『NO FUTRE』(共訳、洛北出版)など。
     
   

酒井 隆史(Sakai Takashi) 
1965年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程満期退学。現在、大阪府立大学人間社会学部教授。専攻は社会思想史、社会学。著書に「通天閣 新・日本資本主義発達史」など。

 

 

「月夜釜合戦」
2017年/日本/115分/ 16mm
監督・脚本:佐藤零郎 プロデューサー:梶井洋志
公式サイト⇒http://www.tukikama.com/index.html
©2017『月夜釜合戦』製作委員会

 

寄ってらっしゃい観てらっしゃい!
取り出したるは大阪生まれの人情喜劇!

「月夜の晩に釜を抜かれる」という諺(ひどく油断することの意。月夜の晩は明るいからといって、盗まれる心配はないだろうと思っていたら、大事な釜を盗まれてしまうことから)にあるように「釜」とは古来から最も大切な家財道具の一つとして扱われてきた。舞台はアベノハルカス、坂を下りて、行きつく先は釜ヶ崎。飛田遊郭しきる、釜足組の大事な大事な代紋彫られたお釜の盃、流浪の芸人逸見にこっそり盗まれた。チンピラたちは大わらわ!開発迫る釜ヶ崎で釜を巡るカマの掛け合い、御開帳!

 

___________________________________________

 


 

【終了】【当日券(補助席)あり】【毎週開催!2018年オールナイト上映⑥ 2/10】届け!君のもとへナイト

 

 

 

2018.2.10 sat. open/23:40

 

当日券(補助席)販売あり!

※お座席分のチケットは完売致しました。

 

届け!君のもとへナイト

 

上映順

① ぼくは明日、昨日のきみとデートする

② アバウト・タイム ~愛おしい時間について~

③ 君の名は。

 

 

 

 

 

 

※18歳未満の方はご入場いただけません。

 

京都が主な舞台となる『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』には、京都みなみ会館が本編に出てきます。ぜひ、ご来場前に他のロケ地も巡ってみてくださいね。MAPの⑨番が、京都みなみ会館です。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ロケ地MAP

 

 

 

上映作品

 

※画像をクリックすると公式サイトに移動します。

 


ぼくは明日、昨日のきみとデートする


(C)2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

 


アバウト・タイム ~愛おしい時間について~


(C)Universal Pictures

 


君の名は。


(C)2016「君の名は。」製作委員会

 

 

 


« 前ページへ次ページへ »

404 Not Found
404 Not Found
Please forward this error screen to kyoto-minamikaikan.vaultpos.com's WebMaster.

The server can not find the requested page:

  • kyoto-minamikaikan.vaultpos.com/links.txt (port 80)
ページの先頭へ