トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報

最新情報カテゴリー 10月, 2015

【終了】【11/1(日)舞台挨拶あり】10/3(土)公開!『木屋町DARUMA』

究極の衝撃作、遂に解禁!

木屋町DARUMA

10/3(土)~11/1(日)

※10/24(土)25(日)休映


舞台挨拶決定!

11/1(日)
18:30-回(上映前)

舞台挨拶は18:20より行います。

-登壇予定者-
木下ほうかさん 榊英雄監督
 

終了
10/9(金) 20:50-回
(上映後)
-登壇予定者-
丸野裕行さん(原作・脚本) masamiさん(主題歌)

鳥越聖史さん 榊英雄監督 

※登壇者は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承お願い致します。

終了
10/4(日) 10:00-回(上映後)/12:40-回(上映前) 
-登壇予定者-
遠藤憲一さん 三浦誠己さん 武田梨奈さん

木下ほうかさん 森本のぶさん 榊英雄監督
※ 木下ほうかさんは10:00-回のみのご登壇となります。

 <チケット販売方法> 

10/4(日)は、9:00より当日上映作品すべての整理券付チケットを販売いたします。

◇前売券をすでにお持ちの方も当日整理券とお引換ください。

◇整理番号順でのご入場となり、場内は自由席です。

◇上映中止の場合を除き、チケット販売後のキャンセル・変更・払い戻しはできません。

◇10/4(日)の舞台挨拶に限り、招待券・満了スタンプカードでのご入場はお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。


続きを読む


【終了】10/31(土)公開『ある取り調べ』

10/31(土)~11/6(金)一週間限定上映

舞台挨拶あり!

続きを読む


【終了】11/2(月)Blu-ray BOX発売記念 映画館の大スクリーンで観る『帰ってきたウルトラマン』 HD Remaster2.0上映会



Blu-ray BOX発売記念

映画館の大スクリーンで観る

『帰ってきたウルトラマン』


HD Remaster2.0上映会


続きを読む


【終了】11/2(月・祝前日)オールナイト〈ゴジラ誕生祭2015 京都〉


世界最速の怪獣王誕生日イベント、今年は東京・京都同日開催!

記念すべき日の午前0時を、映画館でゴジラを観ながら迎えよう!

鑑賞料金:3,500円均一
補助席チケット、当館窓口にて販売中!
当館窓口販売分(お座席分)は完売致しました。
チケットぴあ、完売致しました。Pコード:554-890

※場内は全て自由席となります。開場時間に遅れられますと、前売り券をお持ちの方でも整理番号は無効となり、補助席へのご案内となる場合がございます。予めご了承くださいませ。

フリーパスBをお持ちのお客様へ
当日、19:00より入場整理券を窓口にて配布致します。

《お客様ご入場順》 フリーパス B⇒当館前売り券⇒チケットぴあ⇒補助席⇒当日券 となります。



11/2(月・祝前日)オールナイト

開場/22:45 開始/23:00
(翌6:30終了予定)


★23:10~
トークショー&サイン会

(または直筆サインお渡し会)

公開40周年記念!大特集「メカゴジラの逆襲」!

 サイボーグ少女桂誕生秘話を〈産みの親〉と〈女優〉が語る60分!

 

 映画公開から40年。ゴジラシリーズの歴史に残る悲劇のヒロイン・真船桂を演じた

 

藍とも子さんと、その創造主である脚本家・高山由紀子さんが京都みなみ会館で

 

感動の再会を果たします。

 

名キャラクター創造の秘密、そして知られざる撮影秘話に乞うご期待!

 

当日は両ゲストの直筆サイン入りブロマイドお渡し会も開催予定。


登壇ゲスト

藍とも子さん(女優「メカゴジラの逆襲」真船桂役)
高山由紀子さん(「メカゴジラの逆襲」脚本家)

司会:木原浩勝さん(作家) 
※サイン会のご参加には東京・京都共通の記念商品(2,000円)
  のお買上げが必要です。
・?

 

藍とも子さん(女優)


1954年、神奈川県出身。
1974年、「ウルトラマンレオ」城南スポーツクラブの練習生役で役者デビュー。
その後、松木晴子隊員役でレギュラー出演を務める。
主な代表作は、映画「メカゴジラの逆襲」「爆発! 暴走族」、テレビ作品では「プレイガールQ」ほか多数。

・?

 

高山由紀子さん(脚本家・映画監督)

1945年、東京都出身。
1975年、本多猪四郎によるシナリオ学校生を対象にした新作ゴジラ映画脚本の競作選考で自作が採用され、『メカゴジラの逆襲』で脚本家デビュー。主な代表作は「月山」「遠野物語」「徳川の女帝 大奥」(以上、脚本)
「風のかたみ」「娘道成寺 蛇炎の恋」(以上、監督・脚本)ほか。



上映作品

・?

★0:40~ 
メカゴジラの逆襲


1975年/日本/83分/東宝/35mm

監督:本多猪四郎 特技監督:中野昭慶
出演:佐々木勝彦/藍とも子/平田昭彦/中丸忠雄/睦五郎
TM&c1975 TOHO CO.LTD

★2:20~
ゴジラ×メガギラス
G消滅作戦


2000年/日本/109分/東宝/35mm

監督:手塚昌明 特殊技術:鈴木健二
出演:田中美里/谷原章介/勝村政信/池内万作/鈴木博之
TM&c1995 TOHO CO.LTD

★4:35~
ゴジラVSデストロイア


1995年/日本/103分/東宝/35mm

監督:大河原孝夫 特技監督:川北紘一
出演:辰巳琢郎/石野陽子/林泰文/小高恵美/大沢さやか
TM&c1995 TOHO CO.LTD

鑑賞料金:3,500円均一 ※前売り・当日共に同料金となります。
お座席販売分は完売いたしました。
補助席チケット、窓口にて販売中!

チケットぴあ
チケットぴあ完売いたしました。 


Pコード:554-890
《お客様ご入場順》 フリーパス B⇒当館前売り券⇒チケットぴあ⇒補助席⇒当日券 となります。

フリーパスBをお持ちのお客様へ

当日、19:00より入場整理券を窓口にて配布致します。
※その他、イベントの詳細・会場限定商品等の情報は随時発表します。 

提携・関連イベント

★「ゴジラ誕生祭2015 東京」も開催!

開催日時:2015年11月2日(月 祝前日)22:30から 会場:池袋HUMAXシネマズ

上映作品 

ゴジラVSビオランテ  ゴジラvsキングギドラ  キングコング対ゴジラ
 
トークショー&サインお渡し会ゲスト
三田村邦彦さん(俳優「ゴジラVSビオランテ」桐島一人役)
 薩摩剣八郎さん(俳優・「平成ゴジラシリーズ」スーツアクター)ほか

※東京会場の前売特典は京都会場でも商品として販売いたします。

※さらに池袋HUMAXシネマズでは、同日誕生祭開催前に
フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ」上映会も決行。
こちらのゲストは女優水野久美さん!
両イベントの料金等詳細は池袋HUMAXシネマズWEBサイトまで
http://www.humax-cinema.co.jp/cinema/ikebukuro/index.html

★今年は立川でもゴジラ誕生記念イベント開催! 立川シネマシティ シネマ・ツー/aスタジオにて
11/3(祝)立川決戦 ゴジラ生誕祭【極上爆音上映】開催
上映作品、開催時間、料金、ゲスト等は下記WEBサイトをご参照下さい。
http://cinemacity.co.jp/wp/ccnews/gozi-baku/

 超大怪獣大特撮大全集PART.2

 2015年3~7月開催PART.1→超大怪獣大特撮大全集PART.1

主催:京都みなみ会館/株式会社キャスト/レジンシェフとうけけ団 協力:怪獣市場

その他、イベントの詳細・会場限定商品等の情報は随時発表します。


◇4コマ「木屋町DARUMA猫」◇映画「木屋町DARUMA」より

10/3(土)~11/1(日)※24,25休映

『木屋町DARUMA』


【終了】【オールナイト上映10/24(土)】〈俳優・生田斗真ナイト〉

2015年10月24日(土)
オールナイト上映
開場/23:30 開始/23:45
(終了予定/翌6:30) 

数々の映画や舞台、CMなどで活躍中!そして主演最新作の公開を控えた
俳優・生田斗真の主演作を一挙上映!

 

※上映のみのイベントとなります。ゲストの来場はございません。

 

続きを読む


【終了】【特集上映】10/3(土)~≪独立プロ名画特選≫10/10(土)~「薩チャン 正ちゃん~戦後民主的独立プロ奮闘記~」

 

 PDF版チラシはコチラ

 

10月10日[土]奮闘ロードショー!

 

 

薩チャン 正ちゃん~戦後民主的独立プロ奮闘記~

1950年代から60年代にかけ、業界を独占していた大手映画会社から独立した監督たちが、自分たちのプロダクションを作って数々の名作を世に送り出した。そんな時代を代表する監督・山本薩夫と今井正を中心に、当時を知る関係者の貴重なインタビューや彼らの代表作のシーンを織り交ぜ、“独立プロの黄金期“を描き出す渾身のドキュメンタリー。

10月10日[土]-23[金]
一般1,700円/ 学生1,400円/シニア1,100円/会員1,000円
≪独立プロ≫の半券ご提示で1,300円に割引き

 

山本薩夫薩ちゃん

山本薩夫
1910年7月15日生まれ。鹿児島県出身。
戦後日本の独立プロ運動の先駆者であり、社会派映画の巨匠。
早稲田大学中退後、松竹蒲田撮影所に入って成瀬巳喜男の助監督となり、34年、成瀬についてPCL(東宝の前身)に入社。吉屋信子の短編小説の映画化『お嬢さん』(1937)を第1作として監督に昇進。戦後、亀井文夫監督と『戦争と平和』を共作し、48年東宝争議で退社後、独立プロを中心に活動した。主な独立プロ作品に『暴力の街』『真空地帯』『太陽のない街』『荷車の歌』など。1983年8月11日死去。73歳。

今井正/正チャン

今井正
1912年1月8日生まれ。東京都出身。
一貫して社会的テーマを弱者の立場から描いた、独立プロ運動の代表的な監督。東京大学中退後、39年東宝の『沼津兵学校』で監督デビュー。戦後『青い山脈』『また逢う日まで』をヒットさせ、50年に東宝を退社。以後,独立プロを中心に『どっこい生きてる』『にごりえ』『ここに泉あり』『真昼の暗黒』など多くの社会派の作品を監督する。1991年11月22日死去。79歳。

薩チャン 正ちゃん~戦後民主的独立プロ奮闘記~ オフィシャルfacebook


ページの先頭へ