400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/orgds8.txt (port 80)
トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報

最新情報カテゴリー 2月, 2018

【2018年3月31日まで】閉館のお知らせ


【特別興行】【映画との対バン!?LIVEとの二本立て!?】『Match-up Theater』開催決定!

 

 

 

 

 

映画との対バン!?LIVEとの二本立て!?

『Match-up Theater』

 

2月17日[土]10:00 販売開始!

チケット取扱:京都みなみ会館/チケットぴあ

 

 

第一夜  ≪Match-up Theater ~勧酒一献の宴~≫
 


outside yoshino (from eastern youth)

×

『幕末太陽傳』

 

※画像(上)クリックで各公式ページに移動します。

▶2018年3月10日(土) OPEN 18:00 / start 18:30
ADV ¥3,000 / DOOR ¥3,500 (+1drink)

 

映画:『幕末太陽傳 デジタル修復版』(1957/日本/110分/モノクロ/35mm/日活)
LIVE:outside yoshino (※60min)

 

★チケットは劇場窓口・チケットぴあにて2/10(土)発売

 

 

 

 

第二夜  ≪Match-up Theater ~全身音楽家 × 全身芸人 激突!大レース~≫
 


曽我部恵一 (from サニーデイ・サービス)

×

『唐獅子株式会社』

 

※画像(上)クリックで公式ページに移動します。

▶2018年3月11日(日) OPEN 12:30 / start 13:00
ADV ¥3,000 / DOOR ¥3,500 (+1drink)

 

映画:『唐獅子株式会社』(1983/日本/102分/東映
LIVE:曽我部恵一 (※60min)

 

★チケットは劇場窓口・チケットぴあにて2/17(土)発売

 

 

 

 

第三夜  ≪Match-up Theater ~西九条すらっぐふぇすと~≫
 


向井秀徳アコースティック&エレクトリック 

×

『アンチェイン』

 

※画像(上)クリックで各公式ページに移動します。

▶2018年3月15日(木) OPEN 18:30 / start 19:00
ADV ¥3,000 / DOOR ¥3,500 (+1drink)

 

映画:豊田利晃監督作品『アンチェイン』(2001/日本/98分/カラー/35mm/リトルモア)
LIVE:向井秀徳アコースティック&エレクトリック (※60min)

 

★チケットは劇場窓口・チケットぴあにて2/17(土)発売

 

 

 

 

 

第四夜  ≪Match-up TheaterWhat’s up, Emmet Ray?~≫
 


渡辺俊美 (TOKYO No.1 SOUL SET)

×

『ギター弾きの恋』

 

 

※画像(上)クリックで公式ページに移動します。

▶2018年3月17日(土) OPEN 18:30 / start 19:00
ADV ¥3,000 / DOOR ¥3,500 (+1drink)

 

映画:『ギター弾きの恋』(1999/アメリカ/95分/カラー/35mm/角川
LIVE:渡辺俊美 (※60min)

 

★チケットは劇場窓口・チケットぴあにて2/17(土)発売

 

 

 

 

 

第五夜  ≪Match-up Theater~Time for a new direction~
 


照井利幸
(ex. Blankey Jet City)

×

『アメリカの影』

 

 

▶2018年3月18日(日) OPEN 18:30 / start 19:00
ADV ¥3,000 / DOOR ¥3,500 (+1drink)

 

映画:『アメリカの影』(1959/アメリカ/82分/ザジフィルムズ
LIVE:照井利幸 (※60min)

 

★チケットは劇場窓口・チケットぴあにて2/17(土)発売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【特別興行】京都みなみ会館 さよなら爆音上映 3DAYS produced by boid

2/17(土) 10:00 販売開始!

1作品/1,800円均一 オールナイト/3,000円均一

▶︎チケット取扱:京都みなみ会館/Peatix

http://minamikaikan-bakuon.peatix.com

▶︎ 場内は全て自由席です。
▶︎ 開場時刻に遅れられますと、整理番号は無効となります。
     ※ 上映開始時刻15分前までにはロビーにお越しください。
▶︎ 入場順 :京都みなみ会館窓口販売分&Peatix販売分 同時入場 → 当日券
     ※ キングコング対ゴジラ』のみ、[超大怪獣大特撮大全集フリーパス]をお持ちのお客様から優先入場
▶︎ 特別興行につき、招待券のご利用、会員・各種割引不可となります。予めご了承ください。


【2/20(火) チケット販売開始!】【特別興行】カナザワ映画祭2018「ギミック・シアター」 in 京都みなみ会館


カナザワ映画祭2018「ギミック・シアター」

みなみ会館の有終の美を仕掛け上映で飾る!!

★3月20日(火)、21日(水)、22日(木)

 

公式HP ▶︎ http://www.eiganokai.com/

カナザワ映画祭主宰者のメモ帳 ▶︎ http://eiganokai.blog.fc2.com/

 

 

3/20-22のカナザワ映画祭2018「ギミック・シアター」 in 京都みなみ会館に先駆けて、 大阪V-ZONEプレゼンツで急遽2月18日(日)14時から大阪NOON+CAFEにて、 ギミックの帝王ウィリアム・キャッスルを予習するイベントが開催されます!!

 

公式HP ▶︎ http://castle.terrorfactory.net/


【特集上映】2/24(土)~3/9(金)開催※25(日)休映「フィルム世界旅行~フィルムが紡ぐ軌跡~」PART.4

 

 

フィルム世界旅行

~フィルムが紡ぐ軌跡~

PART.4

 

2018年2月24日(土)~3月9日(金)※25(日)休映

 

映画とフィルム。デジタル化の流れの中で、その関係が大きく変わりつつある今、フィルムで観ることによってこそ輝く作品を 上映していきます。一昨年に上映したフェデリコ・フェリーニの『道』、アンドレイ・タルコフスキーの『ノスタルジア』、 昨年に上映したホウ・シャオシェンの『悲情城市』等に続き、今回は「映画作り」をテーマに3作品をお届けします。 イタリア・日本・グルジアの三人の巨匠が描く「映画に託した想い」をフィルム独特の質感と共に存分に味わってみてください。

 

 


 

8 1/2

 

OTTO E MEZZO

 

2/24[土]14:50 | 2/28[水]14:50 
3/5[月]10:30 | 3/7[水]10:30 | 3/9[金]10:30
 

1963年/イタリア/138分/35㎜/ザジフィルムズ
監督・脚本:フェデリコ・フェリーニ
脚本:トゥッリョ・ピネッリ/エンニオ・フライアーノ/ブルネッロ・ロンディ
撮影:ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ 音楽:ニーノ・ロータ
出演:マルチェロ・マストロヤンニ /クラウディア・カルディナーレ/サンドラ・ミーロ/アヌーク・エーメ/ロッセラ・ファルク/バーバラ・スティール
1963年度アカデミー賞 外国語映画賞/1963年モスクワ国際映画祭 グランプリ
1965年キネマ旬報ベスト・テン 第1位


イタリアの映画監督グイドは、新作映画の構想がまとまらず、温泉地へ療養に出かける。 しかし、そこへ訪問してくる人々の存在が、彼のストレスをより一層深めていく。 やがて、幻覚を見始めた彼の人生の行き着く先は・・・ あらゆるジャンルのクリエイターに多大なる影響を与え続けるフェデリコ・フェリーニ監督の自伝的作品。 夢と現実が交錯した世界が幻想的な映像美で描かれる。

©MEDIASET S.p.A
http://www.zaziefilms.com/eight-half/

 

 

 


 

蒲田行進曲

 

 

2/26[月]14:50 | 3/1[木]14:50 | 3/3[土]10:30 | 3/6[火]10:30
 

1982年/日本/108分/35mm/松竹
 監督:深作欣二 原作・脚本:つかこうへい
撮影:北坂清 音楽:甲斐正人
出演:松坂慶子/風間杜夫/平田満/高見知佳/原田大二郎/蟹江敬三

1982年日本アカデミー賞 最優秀作品賞/1982年毎日映画コンクール 日本映画大賞
1982年ブルーリボン賞 作品賞/1982年キネマ旬報ベスト・テン 第1位


時代劇のメッカ、京都の撮影所では新作『新撰組』の撮影がたけなわ。 主役の銀ちゃんは最大の見せ場となる“階段落ち”のシーンが中止になるという噂にイライラ。 そんなある日、大部屋役者のひとりヤスのもとへ、銀ちゃんが売れなくなった女優の小夏を連れてやってきた。 銀ちゃんの子どもを身籠っている小夏。「コイツと一緒になってくれ! 」。 銀ちゃんの無理難題をしぶしぶ引き受けてしまうヤスだったが・・・。 『仁義なき戦い』等で知られる深作欣二監督がつかこうへいの直木賞受賞原作を映画化。 撮影所を舞台に男女3人の可笑しくも愛おしい関係性を描いた人情喜劇。

©1982 松竹株式会社

 

 

 


 

汽車はふたたび故郷へ

 

CHANTRAPAS

 

2/27[火]14:50 | 3/2[金]14:50 | 3/4[日]10:30 | 3/8[木]10:30
 

2010年/フランス・グルジア/126分/35mm/ビターズ・エンド
監督・脚本:オタール・イオセリアーニ
撮影:ライオネル・カズン(グルジア)/ジュリー・グルンバウム(フランス)
音楽:ジャルジ・バランチヴァゼ
出演:ダト・タリエラシュヴィリ/ビュル・オジエ/ピエール・エテックス
2010年カンヌ国際映画祭 特別招待作品/2010年マルデルプラタ国際映画祭 審査員特別賞 2010年マラティヤ国際映画祭 ライフ・アチーブメント賞/第23回ヨーロピアンシネマ パノラマ特別賞


かつてソ連の一共和国だった頃のグルジア。牧歌的な少年時代を経て映画監督になった主人公ニコは、 検閲や思想統制によって思うように映画作りが出来ないことに耐えかねて、 自由を求めてフランスへと向かう。ところがフランスでも、映画に商業性を求めるプロデューサーとの闘いがあったりと、 映画作りは困難の連続・・・はたしてニコは自分自身が本当に望んでいるものを作ることが出来るのか? 『皆さま、ごきげんよう』の公開も記憶に新しいオタール・イオセリアーニ監督が実人生を主人公に投影した作品。 アンドレイ・タルコフスキーをはじめ、故郷を離れざるをえなかった数多くのアーティスト達にオマージュが捧げられている。

(C)2010 Pierre Grise Productions
http://bitters.co.jp/kisha/

 

鑑賞料金:一般1,500円/シニア1,100円/学生1,000円

 


【次回 3/17(土) オールナイト】【特別興行】1月~3月開催《超大怪獣大特撮大全集SDX PART4》
京都みなみ会館、
2018年3月をもって一時閉館。
 
ここに集う怪獣ファンに、
思い出のこの映画館に、
8年間のありがとうをこめて…。
そして移転再開を応援するため、
“超大怪獣”延長決定!


次回上映



 

ガメラ 大怪獣空中決戦

当日、現・京都みなみ会館での最後の怪獣オールナイト【3/17(土) 超大怪獣ナイト】の特別ゲストの発表がございます!!お楽しみに!
また、同日13時より1F特設会場にて、ババジラジオもありますよ。こちらもぜひ!

※特別興行のため、招待券・ポイント満了カードはご利用いただけません。
※当日券をお求めの方は両日とも京都みなみ会館開館時間より、劇場窓口にて整理券発行。

入場順番:フリーパス⇒当日券

―――――――――――――――――――――――――――

上映終了

ゴジラvsデストロイア
1995年/東宝作品/35mmブリント/103分/※『モスラ』(1996)特報あり

製作:田中友幸、富山省吾 監督:大河原孝夫 脚本:大森一樹
特技監督:川北紘一 音楽監督:伊福部 昭
出演:辰巳拓郎、石野陽子、林 泰文、小高恵美、大沢さやか、篠田三郎、
中尾 彬、神山 繁、河内桃子、薩摩剣八郎(ゴジラ)

主催:京都みなみ会館/株式会社キャスト

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆過去の上映◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★2017年1~4月開催⇒超大怪獣大特撮大全集SDX PART.1
★2016年9~12月開催⇒超大怪獣大特撮大全集 DX PART.3
★2016年5~8月開催⇒超大怪獣大特撮大全集 DX PART.2

★2016年1~4月開催⇒超大怪獣大特撮大全集 DX PART.1
★2015年8~12月開催⇒超大怪獣大特撮大全集PART.2
★2015年3~7月開催⇒超大怪獣大特撮大全集PART.1
★2014年3~12月開催⇒日本怪獣特撮映画誕生60周年×京都みなみ会館50周年記念企画 大怪獣大特撮大全集
★2015年11/2開催⇒ゴジラ誕生祭2015 京都
★2015年11/2開催⇒Blu-ray BOX発売記念 映画館の大スクリーンで観る『帰ってきたウルトラマン』 HD Remaster2.0上映会


『アメリカの影』

 

 

 

 ≪Match-up Theater~Time for a new direction~≫ 

 

『アメリカの影』

 

ジョン・カサヴェテス監督のデビュー作となった
インディペンデント映画の金字塔。

 

1959|アメリカ|81分|ザジフィルムズ
監督:ジョン・カサヴェテス
出演:レリア・ゴルドーニ|ヒュー・ハード|ベン・カールザース|アンソニー・レイ|ルパート・クロセー
撮影:エリック・コールマー 制作:シーモア・カッセル|モーリス・マッケンドリー
音楽:チャールズ・ミンガス

ジョン・カサヴェテスの監督第1作。シナリオなしのアドリブ演出で、ある種セミドキュメンタリー的な色合いがあり、そのリアリティとC.ミンガスの音楽がたまらない作品。


マンハッタンに暮らす、ヒュー、レリア、ベンの三人の兄妹。彼らは、白人と黒人の混血だった。長兄のヒューはナイトクラブの花形歌手だったが、今は人気も落ち三流ストリップ劇場に出演中。末娘のレリアは白人の青年と恋に落ちるが混血であることがばれて捨てられる。彼らが白人社会の中で、それぞれに肌の色からくる疎外を体験していく様を描く。

(c) ザジフィルムズ

 


唐獅子株式会社

 

 

 

 

 ≪Match-up Theater ~全身音楽家 × 全身芸人 激突!大レース~≫ 

 

『唐獅子株式会社』

 

社長、正気でっか?
この会社、とんでもない。

 

1983|日本|102分|東映
監督:曽根中生
キャスト:横山やすし|甲斐智枝美|伊藤四朗|桑名正博|丹波哲郎
脚本:内藤誠|桂千穂 構成:笠原和夫 企画:天尾完次
修復監修:鈴木耕一 音楽:甲斐正人 主題歌:山本譲二


 組長の命令で新人歌手を売り出すことに狂奔するやくざの姿を描く。原作は小林信彦。脚本は「アイコ十六歳」の内藤誠と桂千穂の共同執筆、監督は「“BLOW THE NIGHT!” 夜をぶっとばせ」の曽根中生、撮影は「のぞき」の鈴木耕一が担当。

三年ぶりに刑務所から出所した須磨組組員ダーク荒巻は、島田組のチンピラに襲われ、九死に一生を得てようやく組の所在地にたどりついた。ところが、そこには、「唐獅子通信社」の見慣れない看板が……。親分の新し物病が始まったらしく、兄貴分の哲は専務と呼ばれ、組の様相は一変していた。翌日、ダークの出所祝が須磨邸で開かれた。シェフは親分の長男・安輝。コック姿で料理を運びやくざ稼業には全く関心がない。そこへ親分の娘・輝子が現れ、「これからはビデオの時代」と提案する。かくて、唐獅子ビデオの看板が掲げられた。さらに、親分は芸能社を作り、どこで見つけてきたのか新人歌手・伊吹ひとみを東京のテレビ局主催のスーパースターコンテストで優勝させろと命令する。ところが、ひとみは体は魅力的だが、歌の方はカラッきしダメ。そして、ダークがマネージメント、原田が歌のレッスンを担当することになった。デビュー曲も出来上がり、東京へ飛んだダークたちは、クラブでまずテレビ局のプロデューサーと評論家を買収する。そこに島田組が現われ、三人は捕まりー。

© 東映
 
 

 


ギター弾きの恋

 

 

 

 

≪Match-up Theater~What’s up, Emmet Ray?~≫

 

『ギター弾きの恋』

 

愛には不器用な天才ジプシージャズ・ギタリストが、
初めて音楽より大切な女性に出会った・・・。

 

2016|アメリカ|95分|角川|35mm
監督・脚本:ウッディ・アレン
キャスト:ショーン・ペイ|サマンサ・モートン|ユマ・サーマン|ウディ・アレン 他
制作:ジーン・ドゥーマニアン 制作総指揮:J・E・ボーケア 
撮影:フェイ・チャオ 音楽:ディック・ハイマン 

 

1930年代、シカゴ。派手で目立ちたがり屋のエメットは、才能に恵まれたジプシージャズのギタリスト。演奏が始まると誰もがうっとりとその美しい音色に聞きほれる。しかし、一方で彼は娼婦の元締めという顔をもち、女遊びにも目がなく、芸術家にありがちな破滅的な生活を送っていた。そんなある日、エメットはひょんなことから口のきけない娘ハッティと出会い、次第に愛するようになるのだが……。

© 1999 Sweetland Films B.V. and Magnolia Productions, Inc. All Rights Reserved.

 


【毎週開催!オールナイト上映】2/24(土)《ウルトラ大全集スペシャルNIGHT2》

ウルトラ大全集スペシャルNIGHT2

2/24 sat. All Night

Open/23:30 Start/23:45
(6:00終了予定)

 
 
京都みなみ会館、
2018年3月をもって一時閉館。
 
この地では最後の《ウルトラ大全集》オールナイト企画に、
トークライブ&サイン会の特別ゲストとして
『ウルトラマンオーブ』からジャグラス・ジャグラーこと
青柳尊哉さんと、メイン監督の田口清隆さんの
出演が決定しました!
 
日時:2月24日(土)オールナイト(23:30開場)
料金:3,500円(前売とも)
チケットぴあ残り僅か!
補助席分の販売は、近日中にアナウンスさせて頂きます。
 
 
 
上映作品:
『ウルトラマンオーブ』より
 第24話「逆襲の超魔王獣」
 第25話「さすらいの太陽」
『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』
『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET ムサシ』(13歳)少年編
 
トーク&サイン会特別ゲスト
青柳尊哉(ジャグラス・ジャグラー役)
田口清隆(『ウルトラマンオーブ』メイン監督)
 
※状況によりサイン会は人数制限となる場合がございます。
 予めご了承くださいませ。
 

次ページへ »

404 Not Found
404 Not Found
Please forward this error screen to kyoto-minamikaikan.vaultpos.com's WebMaster.

The server can not find the requested page:

  • kyoto-minamikaikan.vaultpos.com/links.txt (port 80)
ページの先頭へ