トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
【終了】【特集上映】『色道四十八手 たからぶね』+《渡辺護監督レトロスペクティブ》

ピンク映画五十週年記念作品
色道四十八手 たからぶね

+
渡辺護一周忌 追悼特集
渡辺護監督レトロスペクティブ

提供:国映株式会社/わたなべプロ/ぴんくりんく

 

 ピンク映画五十週年記念作品
色道四十八手 たからぶね
12月20日[土]~26日[金] 

入場者プレゼントあり!
「たからぶねポストカード」&「たからぶね 35mmカットフィルム」 

✿12月20日[土]20:50-/12月21日[日]~26日[金]21:20-

色道四十八手 たからぶね
2014 年/71分/35mm
企画・原案:渡辺護/監督・脚本:井川耕一郎
出演:愛田奈々/岡田智宏/佐々木麻由子/なかみつせいじ/ほたる/野村貴浩

江戸の町人風の男と女が、春画の中で様々なまぐわいを見せている。仰向けになって片足をあげた男の上に、女がまたがり、男の足にしがみつく。男の足を宝船の帆柱に見立てる。女は弁天様のよう。それは、性戯四十八手のうちの「宝船」― 結婚一年目の若い夫婦。誠実そうな三十過ぎの一夫と、まだ二十代後半のうぶな千春。ある晩、千春が、寝言でつぶやいた「たからぶね」という言葉。それ以来、一夫の頭の中にはその言葉が頭からこびりついたように離れなくなる。そんなある日、一夫は叔父の健次に偶然エロ写真集を見せられ、「たからぶね」が四十八手の体位であることを知る。千春は清純でエロに免疫がないと一夫は思い込んでいたが、実は千春は一夫との結婚前から健次と交際しており、結婚後も夫の目を盗んで健次とのセックスライフを楽しんでいたのだ。やがてその事実を健次の妻・敏子と一夫が知ることになり、ふたりは結託しそれぞれのパートナーへ強烈な仕返しを計画する。そして、ついに一夫と敏子と復讐の日がやって来た…。
公式サイト

 
✿初日12月20日[土]上映終了後、ほたるさん舞台挨拶あり!
ほたる
福島県生まれ。多摩美術大学在学中よりアングラ劇団に参加し、「葉月螢」名義で女優活動を開始。1993年、瀬々敬久監督『未亡人 喪服の悶え』で映画デビュー。94年、上野俊哉監督『連続ONANIE 乱れっぱなし』などでピンク大賞新人女優賞を受賞。以後、サトウトシキ監督『悶絶本番 ぶちこむ』(95)、瀬々監督『赫い情事』(96)、上野監督『白衣と人妻 したがる兄嫁』(97)、女池充監督『スワッピングナイト 危険な戯れ』、小林政広監督『歩く、人』(2002)など、100本以上の作品に出演。ピンク大賞女優賞を95、96、97、99、02年と5度受賞。自ら監督・脚本・主演を務めた『キスして。』を自主製作し、2013年末に劇場公開した。
✿12月24日[水]上映終了後、トークショーあり
12/24(水)渡辺護監督の命日に、太田 耕耘キさんを迎えてトークショーがございます!
また、先着30名様に、各種ピンク映画ポスタープレゼント!!

ゲスト:太田 耕耘キさん(プロデューサー) 司会:吉田由利香(みなみ会館館長)

 

 

 

渡辺護監督レトロスペクティブ
12月12日[金]~12月19日[金]※14[日]休映

入場者プレゼントあり!
「渡辺護ポストカード」&「たからぶね 35mmカットフィルム」

 

✿12月12日[金]21:00- / 12月16日[火]21:00-   

婦女暴行事件 不起訴
1979年/61分/カラー/スコープ/35mm
監督:渡辺護/脚本:小水一男/撮影:久我剛
出演:日野繭子、青野梨麻、港まゆみ、大杉漣

ドキュメントタッチの系列の隠れた傑作。雨が降り続ける荒涼とした横須賀で、三人の若者は暇を持てあましレイプをくりかえす。事後の被害者女性の態度を丁寧に描き分ける演出に注目。女優一人一人に対して印象に残る見せ場をつくることを渡辺護は忘れていない。
★ドキュメンタリー自作解説篇『事件ものを撮る』を併映 

✿12月13日[土]21:00  

紅壺
1965年/78分/モノクロ
監督:渡辺護/脚本:吉田貴彰(吉田義昭)、撮影:大森一郎(門口友也)
出演:真山ひとみ、原あけみ、黒木純一郎、千田啓介

少女は男たちを利用してトップモデルを目指す。渡辺護は主演の真山ひとみに一目惚れ。映画を撮る歓びに恋する歓びが加わった初々しい監督第二作。結局、失恋したものの、渡辺は東てる美、美保純、可愛かずみと魅力的な新人女優を撮ることにとり憑かれていく。
★ドキュメンタリー自作解説篇『新人女優を撮る』を併映 

✿12月15日[月]21:00- 

㊙湯の町 夜のひとで
1970年/70分/カラー35mm
監督:渡辺護/脚本:日野洸(=大和屋竺)/撮影:池田清二
出演:大月麗子、吉田純、二階堂浩、港雄一

さすらいのエロ事師を描く系列の代表作。温泉街に流れ着いた久生と雀。監督の久生はブルーフィルムの傑作を撮ろうとするが……。愛する久生と離れ離れになった女優の雀がぼろぼろになって早朝の川原にたたずむラストには、悲哀を突き抜けた崇高さが感じられる。
★ドキュメンタリー自作解説篇『エロ事師を撮る』を併映 

✿12月17日[水]21:00-

おんな地獄唄 尺八弁天

1970年/わたなべプロ/70分/カラー
監督:渡辺護/脚本:日野洸(=大和屋竺)/撮影:池田清二
出演:香取環、国分二郎、青山リマ、武藤周作

女渡世人・弁天の加代シリーズの第二作。背の刺青に衝き動かされるようにして加代とセイガクは出会い、運命的な恋に落ちる。「大和屋のホンを初めて読んだときには震えたね。おれへのラブレターですよ」。少年時代から好きだった時代劇への思いがあふれた傑作。
★ドキュメンタリー自作解説篇『弁天の加代を撮る』を併映 

✿12月18日[木]21:00-  渡辺護自伝的ドキュメンタリー第一部

糸の切れた凧 渡辺護が語る渡辺護

2011年/122分
出演・語り・製作:渡辺護
構成・撮影・監督:井川耕一郎
製作・編集:北岡稔美/撮影:松本岳大/録音;光地拓郎/構成補:矢部真弓、高橋淳/協力:渡辺典子、太田耕耘キ(ぴんくりんく編集部)、淡島小鞠、荒木太郎、広瀬寛巳、向井淳子、映画美学校

✿12月19日[金]21:00-  渡辺護自伝的ドキュメンタリー第二部

つわものどもが遊びのあと 渡辺護が語るピンク映画史

2011年/122分
出演・語り・製作:渡辺護
構成・撮影・監督:井川耕一郎
製作・編集:北岡稔美/撮影:松本岳大/録音;光地拓郎/構成補:矢部真弓、高橋淳/協力:渡辺典子、新東宝映画株式会社、銀座シネパトス、太田耕耘キ(ぴんくりんく編集部)、林田義行(PG)、福原彰、荒木太郎、金子サトシ、宮田啓治、鈴木英生、高橋大祐、映画美学校

✿12月13日[土]21:00-『紅壺』+『新人女優を撮る』上映後、井川耕一郎さんゲスト・トーク

井川耕一郎

1962年生まれ。早稲田大学在学中に早大シネマ研究会に所属。86年に製作した『ついのすみか』がぴあフィルムフェスティバルに入選。93年、後藤大輔『のぞき屋稼業』で脚本家デビュー。映画美学校で第2期から演出・脚本部門の講師を務める。監督作として『寝耳に水』(2000)、『西みがき』(06)、『伊藤大輔』(08)を発表。渡辺護監督『片目だけの恋』(04)、『喪服の未亡人 ほしいの…』(08)の脚本を手掛け、09年より渡辺監督のドキュメンタリーの製作を開始。全10部、約8時間に渡る長編を先頃完成させ、劇場公開に向けて準備中。

公式サイト

 

渡辺護(わたなべ まもる)

1931年3月19日東京生まれ。少年時代から浴びるように映画を見て育つ。50年、早稲田大学文学部演劇科入学後、八田元夫演出研究所に入り、本格的に演出と演技について学ぶ。TVドラマの役者、脚本家、TV映画・教育映画の助監督などを経て64年に助監督としての能力を買われてピンク映画界へ。65年に『あばずれ』で監督デビューする。
若松孝二がスキャンダラスな話題をふりまきながら黎明期のピンク映画を社会的に認知させていったのに対して、渡辺護がピンク映画の中で果たした役割はその質的な向上だった。少年時代から培ってきた映画的教養と新劇の舞台で学んだ演出をふまえ、渡辺は撮影所の映画に負けない映画作りを推し進めていった。
1970年に大和屋竺の脚本で『おんな地獄唄 尺八弁天』、『(秘)湯の町 夜のひとで』を撮ったあたりからピンク映画を代表する監督として認められるようになり、71年、大久保清の事件を描いた『日本セックス縦断 東日本篇』が大ヒット。年に12本以上の映画を撮る職人監督となる。
70年代以後は、新人を発見し育てる監督でもあった。渡辺は、東てる美を『禁断性愛の詩』(75)で、美保純を『制服処女のいたみ』(81)で、可愛かずみを『セーラー服色情飼育』(82)で主演デビューさせている。また、荒井晴彦、高橋伴明、小水一男らも、渡辺のもとで脚本を書いていた時期があった。
1984年、勝田清孝の事件を描いた『連続殺人鬼 冷血』で一般映画に進出する一方で、渡辺は80年代に入ってからもピンク映画を撮り続けたが、AV的なものを求められるようになってきたことに違和感をおぼえ、ピンク映画界から離れていく。
カラオケビデオの監督を経て、1993年、二本目の一般映画『紅蓮華』(出演:秋吉久美子、役所広司)を撮る。その後もオリジナルビデオなどを監督するが、2000年代に入ってからは、監督としての自分を育ててくれたピンク映画への復帰を目指すようになる。
2008年に『喪服の未亡人 ほしいの…』を監督。2009年からは「渡辺護自伝的ドキュメンタリー」(全10部)の撮影に参加。カメラの前で自分の人生とピンク映画史について語る。
2013年、ピンク映画を応援する二つのグループ、PGとぴんくりんくから、「ピンク50周年記念映画」の監督を依頼される。快諾した渡辺は『色道四十八手 たからぶね』の準備に入るが、11月に外出先で倒れる。検査の結果、大腸がんであることが判明。自宅療養中の12月24日に亡くなった。
『色道四十八手 たからぶね』は、脚本を書いた井川耕一郎が渡辺に代わって監督し、2014年に完成した。

現時点で分かっている渡辺護が監督した映画は210本ほど(実際にはそれ以上の本数を撮っていると思われる)。メロドラマ、サスペンス、ヤクザもの、実録犯罪もの、喜劇……と、さまざまなジャンルの映画を撮った。

彼がもっとも得意としたのは、社会からはみだしてさすらうしかない人々を描くことだった。そして、さすらう人々の姿には、「幸せなときはもう二度と戻ってこない」という悲しみが常につきまとった。この悲しみが渡辺の映画の重要なテーマであったと言える。

鑑賞料金
色道四十八手 たからぶね(R18+) 
一般1,500円/学生1,300円/シニア1,100円/会員1,000円
渡辺護監督レトロスペクティブ(R18+)
一般1,300円/シニア1,100円/学生・会員1,000円

前売鑑賞券 1,200円★官能ショット生写真付★販売中!

404 Not Found
404 Not Found
Please forward this error screen to kyoto-minamikaikan.vaultpos.com's WebMaster.

The server can not find the requested page:

  • kyoto-minamikaikan.vaultpos.com/links.txt (port 80)
ページの先頭へ