自宅警備員と家事妖精

BUY TICKETS チケット購入はこちら

TITLE:
自宅警備員と家事妖精
PRICE :
【特別鑑賞券】1,500円(公開前日までの販売) 当日一般1,800円、シニア1,200円、学生・会員1,000円

日付を選択する

◎ … 余裕あり △ … 残りわずか × … 満席

MOVIE
INFO

TITLE :
自宅警備員と家事妖精
DATE :
2022.5.27(金) - 6.2(木)
PRICE :
【特別鑑賞券】1,500円(公開前日までの販売) 当日一般1,800円、シニア1,200円、学生・会員1,000円

2021年/日本/78分/太秦
監督:藤本匠
脚本:潮喜久知
音楽:あがた森魚
出演:大沢真一郎、木竜麻生、田之下雅徳、中島トニー、林家たこ蔵、本城祐哉、巻島みのり、流山児祥


【お願いとお知らせ】
★無症状感染の可能性も鑑み、館内では必ずマスクの着用をお願いいたします。

▶︎オンラインチケットの販売は、各回3日前の0:00から上映の30分前まで!
※舞台挨拶回を除く

OFFICIAL SITE

2021年/日本/78分/太秦
監督:藤本匠
脚本:潮喜久知
音楽:あがた森魚
出演:大沢真一郎、木竜麻生、田之下雅徳、中島トニー、林家たこ蔵、本城祐哉、巻島みのり、流山児祥


【お願いとお知らせ】
★無症状感染の可能性も鑑み、館内では必ずマスクの着用をお願いいたします。

▶︎オンラインチケットの販売は、各回3日前の0:00から上映の30分前まで!
※舞台挨拶回を除く

OFFICIAL SITE

【舞台挨拶情報】※終了
5/28㊏・29㊐ 14:40の回上映前、藤本匠監督巻島みのりさん(サランぺ役)登壇!
5/30㊊ 14:40の回上映前、藤本匠監督、本城祐哉さん(ゲストハウスオーナー役)登壇!


世界が引きこもった時、僕は街に出る

函館港イルミナシオン映画祭2019で、第23回シナリオ大賞特別賞(荒俣宏賞)を受賞した、潮喜久知のオリジナル脚本「自宅警備員のフェアリーテイル」を新鋭・藤本匠監督のメガホンで映画化。函館の洋館で「自宅警備員」を自称して暮らす45歳・独身ニートの古川稔は、母の死を境に洋館に古くから住み着く家事妖精の絹(シルキー)が見えるようになる。しかし、洋館の持ち主である伯父から洋館を売却するので、1カ月後に洋館から出て行くよう通告されてしまう。一方、洋館を守り、この街の100年をつぶさに見てきた絹は、稔が洋館を買い取り、洋館を守るようにと無謀なことを口にする。それ以来、稔の身辺でさまざま異変が起こりはじめ、やがて稔も絹が守ろうとしている洋館の大切さに気が付く。稔役を「ロスト・バイ・デッド」「カメラを止めるな!」の大沢真一郎、妖精の絹役を「菊とギロチン」の木竜麻生、叔父役を1960年代から演劇界で活躍する流山児祥がそれぞれ演じる。

©︎「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

会員制度について

1年間に2回以上、当館で映画をご鑑賞されるなら、ご入会頂くとお得に!
鑑賞料金の割引や、ポイントでのご鑑賞、同伴割引や他劇場での優待割引など、京都みなみ会館での映画をお得にご覧いただける会員サービスです。
ご入会はいつでも受付中。詳しくは、会員制度のご紹介ページをご確認下さい!