片袖の魚+東海林毅ショートフィルム選

BUY TICKETS チケット購入はこちら

TITLE:
片袖の魚+東海林毅ショートフィルム選
PRICE :
当日一般1,500円、シニア1,200円、学生・会員1,000円

日付を選択する

◎ … 余裕あり △ … 残りわずか × … 満席

MOVIE
INFO

TITLE :
片袖の魚+東海林毅ショートフィルム選
DATE :
2022.3.11(金) - 3.24(木)
PRICE :
当日一般1,500円、シニア1,200円、学生・会員1,000円

『23:60』(2007年/20分)
『ホモソーシャルダンス』(2019年/11分)
『帰り道』(2019年/10分)
『片袖の魚』(2021年/34分)


【お願いとお知らせ】
★無症状感染の可能性も鑑み、館内では必ずマスクの着用をお願いいたします。

▶︎オンラインチケットの販売は、各回3日前の0:00から上映の30分前まで!
※上映スケジュール調整中の場合、上記に当てはまらない場合がございます。

OFFICIAL SITE

『23:60』(2007年/20分)
『ホモソーシャルダンス』(2019年/11分)
『帰り道』(2019年/10分)
『片袖の魚』(2021年/34分)


【お願いとお知らせ】
★無症状感染の可能性も鑑み、館内では必ずマスクの着用をお願いいたします。

▶︎オンラインチケットの販売は、各回3日前の0:00から上映の30分前まで!
※上映スケジュール調整中の場合、上記に当てはまらない場合がございます。

OFFICIAL SITE

【舞台挨拶・ゲストトーク情報】※終了
舞台挨拶3/11㊎・3/12㊏・3/13㊐
イシヅカユウさん(「片袖の魚」)、東海林毅監督

舞台挨拶◎3/19㊏…田中博士さん(「帰り道」)、東海林毅監督
トーク    ◎3/20㊐…三木那由他さん(大阪大学講師・哲学)×東海林毅監督
舞台挨拶◎3/21東海林毅監督


片袖の魚 2021/34分

出演:イシヅカユウ 広畑りか 黒住尚生 猪狩ともか 田村泰二郎 原日出子 ほか
原案:文月悠光 「片袖の魚」 (『わたしたちの猫』ナナロク社刊)/プロデューサー・脚本・監督:東海林毅/撮影:神田創/照明:丸山和志/録音・音響効果:佐々井宏太/美術:羽賀香織/衣装:鎌田歩(DEXI)/ヘアメイク:東村忠明/編集・VFX:東海林毅/制作:清水純 牛丸亮/助監督:小池匠/音楽:尾嶋優/主題歌「RED FISH」作詞:文月悠光 作曲:尾嶋優 歌:Miyna Usui 【受賞歴】Q-Fest ヒューストン国際LGBTQ映画祭2021 最優秀中編賞受賞

トランスジェンダー女性の新谷光(イシヅカユウ)は、ときに社会とのあいだに言いようのない壁を感じながらも、友人で同じくトランス女性の千秋(広畑りか)をはじめ上司である中山(原日出子)や同僚の辻(猪狩ともか)ら理解者に恵まれ、会社員として働きながら東京で一人暮らしをしている。ある日、出張で故郷の街へと出向くことになったひかりは、高校時代に同級生だった久田敬(黒住尚生)に、いまの自分の姿を見てほしいと考え、勇気をふり絞って連絡をするのだが—


23:60 2007年/20分

出演(声):井口龍太 /監督・脚本・アニメーション制作:東海林 毅/音楽:クリストフ シャルル /撮影監督:長野泰隆(J.S.C.)/美術:井上心平【受賞歴】オイド映画祭 監督賞

ネットゲームに没頭する青年”Qw e r”はある日、所有者を失い廃墟となったエリアで”Ame”という名のアバターと出会う。ゲーム内の世界を舞台にしたセリフなし、ほぼゲーム画面のみのチャットログによる会話劇。肉体のない世界ゆえに際立つ人間の存在をほぼ全編ゲーム画面で描く意欲作。20代の終わりに実際にネトゲ廃人だった監督による”早すぎた傑作”。


ホモソーシャルダンス 2019年/11分

出演:新宅一平、鈴木春香 ほか
脚本・監督:東海林 毅/プロデューサー:川勝奈穂/コレオグラファー:木皮成/撮影:神田 創/照明:丸山和志/美術監督:山下修侍/衣装デザイン:立山 功/ヘア&メイク:東村忠明 神田朋子/音楽:松浦武臣
【受賞歴】アンタキヤ映画祭(トルコ) 審査員特別賞/テッサロニキ短編映画祭(ギリシャ) ファイナリスト

気弱で貧相な男子学生がイケてる男子グループのマドンナに一目惚れ。アタックして拒絶されるが、彼の行為がグループ内に思わぬ波紋を広げる。一人の女性をめぐる男たちの反目と連帯から浮かび上がるミソジニー(女性嫌悪)。男性社会の持つホモソーシャリティというテーマをコンテンポラリーダンスで表現した野心作。


帰り道 2019年/10分

出演:眼 鏡太郎 田中博士 照井健仁 ほか
脚本・監督・編集・VFX:東海林 毅/プロデューサー:鷲野令奈/撮影:鏡 早智/照明:丸山和志/録音:加藤大志 若林洸太/音楽:of Tropique ©バウムアンドクーヘン 東海林毅
【受賞歴】ホノルル・レインボー・フィルムフェスティバル(アメリカ) 観客賞/ながおか映画祭 監督賞/福岡インディペンデント映画祭 レインボー賞

1944年、戦時下の日本・福岡を舞台に、徴兵検査を受けた学生たちの帰り道での青春の一幕を描く。戦争という大きなうねりにかき消される、セクシャルマイノリティーの青年の極私的かつ人間的な感情を掬い取り可視化した。


会員制度について

1年間に2回以上、当館で映画をご鑑賞されるなら、ご入会頂くとお得に!
鑑賞料金の割引や、ポイントでのご鑑賞、同伴割引や他劇場での優待割引など、京都みなみ会館での映画をお得にご覧いただける会員サービスです。
ご入会はいつでも受付中。詳しくは、会員制度のご紹介ページをご確認下さい!