私のはなし 部落のはなし

BUY TICKETS チケット購入はこちら

TITLE:
私のはなし 部落のはなし
PRICE :
当日一般2,500円、シニア・学生・会員:2000円 ※招待券、ポイント鑑賞不可、サービスデイ、その他割引対象外

日付を選択する

◎ … 余裕あり △ … 残りわずか × … 満席

MOVIE
INFO

TITLE :
私のはなし 部落のはなし
DATE :
2022.5.21(土) - 7.14(木)
PRICE :
当日一般2,500円、シニア・学生・会員:2000円 ※招待券、ポイント鑑賞不可、サービスデイ、その他割引対象外

7/1㊎ 10:40 (~14:25)
7/2㊏,7/3㊐ 18:15 (~21:55)
7/4㊊ – 7/7㊍ 10:40 (~14:25)
7/8㊎ – 7/14㊍ 14:50 (~18:30)
※途中休憩あり
(7/14㊍ 上映終了)


2022年/日本/205分/東風
監督:満若勇咲
プロデューサー:大島新


【お願いとお知らせ】
★無症状感染の可能性も鑑み、館内では必ずマスクの着用をお願いいたします。

▶︎オンラインチケットの販売は、各回3日前の0:00から上映の30分前まで!の0:00から上映の30分前まで!

OFFICIAL SITE

7/1㊎ 10:40 (~14:25)
7/2㊏,7/3㊐ 18:15 (~21:55)
7/4㊊ – 7/7㊍ 10:40 (~14:25)
7/8㊎ – 7/14㊍ 14:50 (~18:30)
※途中休憩あり
(7/14㊍ 上映終了)


2022年/日本/205分/東風
監督:満若勇咲
プロデューサー:大島新


【お願いとお知らせ】
★無症状感染の可能性も鑑み、館内では必ずマスクの着用をお願いいたします。

▶︎オンラインチケットの販売は、各回3日前の0:00から上映の30分前まで!の0:00から上映の30分前まで!

OFFICIAL SITE

日本の〈差別〉を丸ごと見つめて学びほぐす
いまだかつてないドキュメンタリー映画

※差別の現実を伝えるために、本作の一部には差別的な表現が含まれています。

日本に根強く残る「部落差別」を題材にしたドキュメンタリー。かつて日本には「穢多」「非人」と呼ばれる賤民が存在した。1871年に明治政府が発した「解放令」により賤民身分は廃止されたものの、それ以降も彼らが住んでいた地域は「部落」と呼ばれ、差別構造は残り続けた。現在、法律や制度上は「部落」「部落民」は存在しないが、少なからぬ日本人が根強い差別意識を抱えている。映画では部落差別の起源・変遷から現状までを描き、積み重なった差別の歴史と複雑に絡み合った背景をひも解いていく。監督は、屠場とそこで働く人々を捉えたドキュメンタリー「にくのひと」で第1回田原総一朗ノンフィクション賞を受賞した満若勇咲。「なぜ君は総理大臣になれないのか」の監督・大島新がプロデュースを手がけた。

©︎「私のはなし 部落のはなし」製作委員会

 

会員制度について

1年間に2回以上、当館で映画をご鑑賞されるなら、ご入会頂くとお得に!
鑑賞料金の割引や、ポイントでのご鑑賞、同伴割引や他劇場での優待割引など、京都みなみ会館での映画をお得にご覧いただける会員サービスです。
ご入会はいつでも受付中。詳しくは、会員制度のご紹介ページをご確認下さい!