A DAY IN THE AICHI
劇場版 さよならあいち

BUY TICKETS チケット購入はこちら

TITLE:
A DAY IN THE AICHI 劇場版 さよならあいち
PRICE :
一般1,800円、シニア1,100円、学生・会員1,000円 ※招待券・ポイント鑑賞、サービスデー割引不可

日付を選択する

◎ … 余裕あり △ … 残りわずか × … 満席

MOVIE
INFO

TITLE :
A DAY IN THE AICHI
劇場版 さよならあいち
DATE :
2020.2.21(金) - 2.27(木)
PRICE :
一般1,800円、シニア1,100円、学生・会員1,000円 ※招待券・ポイント鑑賞、サービスデー割引不可

【舞台挨拶情報】
▼2/22㊏…17:30の回上映後
カンパニー松尾監督、
鈴木淳史さん(ABCラジオ『よなよな・・・なにわ筋カルチャーBOYZ』パーソナリティー兼構成)来場予定!

▼2/23㊐…17:00の回上映後【New!】
カンパニー松尾監督、
花房観音さん(作家)来場予定!

▼2/24㊊㊗…18:30の回上映後
カンパニー松尾監督来場予定!


2019年/日本/200分/カンパニー松尾
監督・撮影・構成・編集:カンパニー松尾

出演:カンパニー松尾(AV監督)、山口雅(ライター)、早川瑞希(AV女優)、松本亀吉(会社員/ライター)、大橋裕之(漫画家)、かおりさん(会社員)、花村映実(モデル)、ココ・パーティン・ココ(アイドル/GANG PARADE)、渡辺靖典(トマト農家)、澤田英敏(澤田酒造)、阿武野勝彦(プロデューサー/東海テレビ)、圡方宏史(ディレクター/東海テレビ)、伏原健之(ディレクター/東海テレビ )、今村彩子(映画監督)、坪井篤史(シネマスコーレ副支配人)、永吉直之(シネマテーク支配人)、池田さん(フリーター)、森田裕(TOKUZO/オーナー)、奥平進助(大学生)、野田くん(会社員)、小林芽生(フリーター)、堀部俊仁(刈谷日劇 支配人)、堀部昭広(刈谷日劇 副支配人)、岩瀬貴己(建設業/森道市場主催)、大島さちえ(食品販売)、高嶺格(アーティスト)、他。


※招待券・ポイント鑑賞不可

オンラインチケットの販売は各回1週間前から上映の30分前まで!
※上映スケジュール調整中の場合、上記に当てはまらない場合がございます。

OFFICIAL SITE

【舞台挨拶情報】
▼2/22㊏…17:30の回上映後
カンパニー松尾監督、
鈴木淳史さん(ABCラジオ『よなよな・・・なにわ筋カルチャーBOYZ』パーソナリティー兼構成)来場予定!

▼2/23㊐…17:00の回上映後【New!】
カンパニー松尾監督、
花房観音さん(作家)来場予定!

▼2/24㊊㊗…18:30の回上映後
カンパニー松尾監督来場予定!


2019年/日本/200分/カンパニー松尾
監督・撮影・構成・編集:カンパニー松尾

出演:カンパニー松尾(AV監督)、山口雅(ライター)、早川瑞希(AV女優)、松本亀吉(会社員/ライター)、大橋裕之(漫画家)、かおりさん(会社員)、花村映実(モデル)、ココ・パーティン・ココ(アイドル/GANG PARADE)、渡辺靖典(トマト農家)、澤田英敏(澤田酒造)、阿武野勝彦(プロデューサー/東海テレビ)、圡方宏史(ディレクター/東海テレビ)、伏原健之(ディレクター/東海テレビ )、今村彩子(映画監督)、坪井篤史(シネマスコーレ副支配人)、永吉直之(シネマテーク支配人)、池田さん(フリーター)、森田裕(TOKUZO/オーナー)、奥平進助(大学生)、野田くん(会社員)、小林芽生(フリーター)、堀部俊仁(刈谷日劇 支配人)、堀部昭広(刈谷日劇 副支配人)、岩瀬貴己(建設業/森道市場主催)、大島さちえ(食品販売)、高嶺格(アーティスト)、他。


※招待券・ポイント鑑賞不可

オンラインチケットの販売は各回1週間前から上映の30分前まで!
※上映スケジュール調整中の場合、上記に当てはまらない場合がございます。

OFFICIAL SITE

特に何も起きません、
リラックスしてご覧ください。

本作は、あいちトリエンナーレ2019 映像プラグラム用に撮りおろした4時間5分のドキュメンタリー『A DAY IN THE AICHI』を追加&短縮しながら再編集したものです。

もともとあいちトリエンナーレの話は、2018年冬、映像プログラム キュレーターの杉原さんから「<情の時代>というテーマで 新作を撮って欲しい」と連絡があり、芸術監督 津田大介さんのステートメントを読み、思うところもあって、AV監督の僕でいいのかなと思いながら話を進めた。

もともと僕は愛知県春日井市の出身で、高校まであいちで育った。ただ、実際、あいちを知ったのは、高校を卒業し、テレビマンを目指し上京し、うっかりAV監督になってからで、それは、あいちの常識が東京で通じなかったり、東京での生活が長くなり、逆にあいちに違和感を感じたり色々。

そんな地元に愛着と、はてなと、恩返しの気持ちもあり、撮影を準備した。今回、 〈情の時代〉と聞いてまず思い浮かんだのは、僕が知るあいちの人たちの顔だった。さらにこの機会を利用して、本業のAV撮影では会えない人に会って、話を聞こうと思った。テーマは色々。

正式な撮影は、2019年の5月から始まり、あいちトリエンナーレが開幕した8月上旬まで行い、その後、9月末にあいちの会場で4回上映して終わるはずだった。(その間の炎上騒動は、卑怯だが、知らんふりして編集を急いだ)

しかし、またまた思うところがあり、今回、再編集版を作り、自主公開することにした。思うところは秘密ですが、そんなに大したことじゃないです。ただ、名指しで申し訳ないですが、東海テレビの阿武野プロデューサー、圡方ディレクター、伏原ディレクターに取材させていただいたので、東海テレビ制作の劇場版最新作『さよならテレビ』や、大ヒット作『人生フルーツ』の副読本として読める部分はあります。

また、タイトル通りですが、あいちをテーマに撮っているので、舞台はあいちであり、その地に身を置く人々が登場します。大いなる田舎、文化不毛と言われるあいちの実像や気質もだいぶ映ってます。

そんなこんなで、結局、尺は3時間20分あります。途中1回休憩を挟んでの上映です。肩肘張らずリラックスしてご覧ください。

©︎ company_matsuo

 

会員制度について

1年間に2回以上、当館で映画をご鑑賞されるなら、ご入会頂くとお得に!
鑑賞料金の割引や、ポイントでのご鑑賞、同伴割引や他劇場での優待割引など、京都みなみ会館での映画をお得にご覧いただける会員サービスです。
ご入会はいつでも受付中。詳しくは、会員制度のご紹介ページをご確認下さい!