【1日限定特別上映】
殺しが静かにやって来る

BUY TICKETS チケット購入はこちら

TITLE:
殺しが静かにやって来る
PRICE :
一般1,500円、シニア1,100円、学生・会員1,000円※招待券、ポイント鑑賞不可

日付を選択する

◎ … 余裕あり △ … 残りわずか × … 満席

MOVIE
INFO

TITLE :
【1日限定特別上映】
殺しが静かにやって来る
DATE :
2020.2.23(日) - 2.23(日)
PRICE :
一般1,500円、シニア1,100円、学生・会員1,000円※招待券、ポイント鑑賞不可

1968年/イタリア、フランス/106 分
監督・脚本:セルジオ・コルブッチ
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、クラウス・キンスキー、ヴォネッタ・マギー、フランク・ウォルフ、ルイジ・ピスティッリ、マリオ・ブレガ


オンラインチケットの販売は各回1週間前から上映の30分前まで!
※上映スケジュール調整中の場合、上記に当てはまらない場合がございます。

1968年/イタリア、フランス/106 分
監督・脚本:セルジオ・コルブッチ
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、クラウス・キンスキー、ヴォネッタ・マギー、フランク・ウォルフ、ルイジ・ピスティッリ、マリオ・ブレガ


オンラインチケットの販売は各回1週間前から上映の30分前まで!
※上映スケジュール調整中の場合、上記に当てはまらない場合がございます。

▼2/22㊏オールナイト上映も有り! 詳細▶こちら

『続・荒野の用心棒』公開記念!

1898年ユタ州スノーヒル。リーダーのロコ(クラウス・キンスキー)に率いられた賞金稼ぎの無法者集団がいた。彼らは賞金首はおろか無垢の人々をも平気で手にかけ、一顧だにしない冷酷さで人々から恐れられていた。ロコに無抵抗の夫を殺された未 亡人ポーリーン(ヴォネッタ・マギー)はある 男に復讐を依頼する。雪原の彼方から現れた“サイレンス”と呼ばれるその男(ジャン=ルイ・トランティニャン)は、賞金稼ぎのみをターゲットとし、彼が通り過ぎた後には必ず“死の沈黙”が訪れることからその名を付けられた凄腕の殺し屋だった。
一方、スノーヒルの町はロコとその一団、そして彼らを利用して町を牛耳る悪徳判事ポリカット(ルイジ・ピスティッリ)に支配されていた。ポーリーンの家に招き入れられたサイレンスはロコを挑発し決闘の機会を伺うが、狡猾なロコはなかなか挑発に応じない。 そんな中、サイレンスの凄惨な過去が明らかに なっていく。彼は幼い頃に無法者一味に両親を殺され、自らも声帯を切り裂かれ声を失っていた。そして彼をそんな目に会わせたのが他ならぬポリカットだったのだ!見事ポリカットを倒したサイレンスだったが、ロコの策略に嵌ってしまい…。
『続・荒野の用心棒』『豹/ジャガー』(1968) 等で知られるマカロニウェスタンの巨匠セルジオ・コルブッチ監督の後期代表作にして、すべてが異色ずくめの“凄すぎる”ウェスタン。喋らない主人公、全編を覆い尽くす白銀の世界、黒人のヒロイン、ベッ ドシーン、マフラーに厚手のコートのガンマ ンたち、サイレンスの使うモーゼル銃、そしてあまりにも衝撃的なラストなど、観る者の意表を突き続ける伝説のカルト映画。『男と女』(1966)の大ヒットで一躍国際スターの地位を得たトランティニャンの演じた役柄の落差にも驚くが、それ以上に宿敵・ロコを演じた怪優クラウス・キンスキーの極悪非道ぶりは彼の悪役キャリアの中でもトップレベルで、ある意味この映画の真の主役は彼と言える。マカロニには欠かせない名匠エンニオ・モリコーネによる格調高い哀愁のスコア、『殺しが静かにやって来る』という邦題のセンスは今もってしても“ bravo!”の一言。

©Adelphia / Les Films Corona / Beta Film 1968


▮豹/ジャガー

1968年/イタリア、スペイン/106 分
監督・脚本:セルジオ・コルブッチ
出演:フランコ・ネロ、トニー・ムサンテ、ジョヴァンナ・ラッリ、エドゥアルド・ファヤルド、ジャック
・パランス

会員制度について

1年間に2回以上、当館で映画をご鑑賞されるなら、ご入会頂くとお得に!
鑑賞料金の割引や、ポイントでのご鑑賞、同伴割引や他劇場での優待割引など、京都みなみ会館での映画をお得にご覧いただける会員サービスです。
ご入会はいつでも受付中。詳しくは、会員制度のご紹介ページをご確認下さい!